« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

イラストの通信教育

 イラストの通信教育を始めています。

 1ヶ月目の課題が終わりました。

 簡単な課題なので、

「こんなんでいいのか」

 と、あっけにとらわれていましたが、2ヶ月目は断然、難しくなっています。

 ということは3か月目、4か月目…となると、ますます練習量が必要になりそうです。

 どこまで続くことやら。

 通信教育って、本当に、性根が入ってないと途中でやめたくなりますからね。

 最短で8か月で終了するコースで、延長もたしか半年くらいはOKなので、できれば最後の最後までがんばりたいと思う今日このごろです。

 果たして私は最後まで乗り切ることができるのか?

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

経営学検定初級

 来月、経営学検定初級を受けます。

 初めての受験です。

 なんとか一発で合格したいところです。

 まだ勉強を初めて間もないので、自分にどの程度の合格可能性があるかもまったく分かりません。

 今はとにかく勉強を続けるのみです。

 色々な分野の勉強をするのは楽しいし、ためになります。

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

新しいパソコンを購入

 昨日、新しいパソコンを購入しました。

 すでに自宅には5台のパソコンがあり、そのうち3台はまあまあ順調に動いていましたが、そのうち1台がブーブー異音がし始めましたので、万が一のことを考えて、1台購入しました。

 やはりWEBサイトやブログを管理しているわけですから、3台くらいは順調に動くパソコンが欲しいですからね。

 今はパソコンも安くなったもので、Windows7の入った新しいパソコンでも12万円で買えました。昔、35万円くらいしていた時代と比べれば、3分の1ですね。ありがたいことです。

 さて、私のほう、ロンドン大学の最終試験も終わったことですし、時間的に多少余裕が出てきました。(といっても色々やっていますので忙しいことは忙しい)。

 そこでWEBサイトを充実させるべく頑張りたいと思っています。

 実はイラストの通信教育を始めたのも、将来的に自分のイラストをWEBサイトに載せたいがためなのです。

 こうご期待。

 

| | コメント (0)

2011年5月25日 (水)

職業としての翻訳は成り立つか?

 職業として翻訳をやろうとしている人には、一度、『職業としての翻訳』という本を読まれることをお勧めします。

 結論だけを先に言えば、同書の著書は、留保付きですが「職業としての翻訳は成り立たない」と述べています。特に、出版翻訳は職業としては成り立たないとも述べています。つまりは、食べていけないということですね。

 では、翻訳をすること自体間違ったことなのでしょうか。

 そうではありません。

 趣味としてやる分にはいい、と述べています。

 私自身、すでに30冊近い翻訳書を出していますが、出版翻訳を専業または専業に近い形でやろうと思わないほうがいいと感じています。

 もちろん、一生食べていけるお金があるような人が趣味でやる分にはかまいませんし、大学教授など他にしっかりした稼ぎ口がある人が、超長期の翻訳期間をもらって、ライフワークとして名著を訳すというのもいいかも知れません。

 なぜなら、そういう人たちはお金を当てにしなくていいからです。

 つまりは、出版翻訳はお金目当てでやってはならないということですね。

 これから出版翻訳家になろうとしている人に言いたいことは、当分(少なくとも3年とか5年くらい)は一切働かなくても食うに困らない経済状態であるか、翻訳以外の仕事でも十分に食べていける収入があり、かつ、休日だけ働いても納得のいくクオリティの翻訳ができる翻訳期間を与えてくれる出版社を見つけるか、という条件をクリアしてから出版翻訳家になるといいということです。

 そうすれば、才能をうまく開花させることができやすいと思いますね。

 まあ、これはあくまで私の個人的な感想なので、必ずしも鵜呑みにする必要はありません。

 いずれにせよ、出版翻訳家になろうと思っている人は、それが職業として成り立つものかどうか一度考えておくことです。そのためにはこの本は必読書だと思います。

 

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

イラストの通信教育

 先日、イラストの通信教育を始めました。

 8ヶ月で終了のコースです。

 1ヶ月目はストロークの練習です。

 ある程度練習はしましたので、あとは課題を練習して提出するのみです。

 細切れの時間でも、だれでもできますので、興味のある人はお勧めしたいですね。

 そんなに時間はかかりませんしね。

 8ヶ月後、私のイラスト力はどうなっていることやら。

 でも、大昔、翻訳の通信教育をやっていて、3年間続けましたが、それだけではプロにはなれませんでした。でも、こういうのは、努力すること自体が成長に結びつくので、がんばろうと思います。

 本当のプロのイラストレータになれれば、なんて、今は夢の夢ですけどね。

 

| | コメント (0)

2011年5月23日 (月)

日本大学授業(スクーリング)開始

 今日から、日本大学の授業(スクーリング)が開始です。

 授業は午後6時半から約3時間。

 私は2科目取っていますので、週に2回通います。

 この2科目が合格すれば、ようやく卒業となります。

 常に前進。

 それが私のモットーです。

| | コメント (0)

経営学検定

 昨日、「パソコン整備士2級」の試験を受けました。

 人間、ほうっておけば、時間だけが素通りしてしまいます。

 そこで、自ら率先して努力目標を見つけ、常に自分を磨いていきたいと思います。

 次に狙うのは、経営学検定。

 まずは初級から挑戦しようと思います。

 初級といっても、バカにしていてはならないと思います。

 初級に合格したあかつきには中級も挑戦しようと思っていますので、中級も視野にいれ、コツコツと勉強していきたいと思います。

 なお、私の資格試験受験体験記はリンク先にあります。興味のある方は飛んで行ってみてください。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

パソコン整備士2級受験体験記

 本日、パソコン整備士2級を受けてきた。

 受験体験記はリンク先に載せてあります。

 興味のある人は飛んでいってみてください。

続きを読む "パソコン整備士2級受験体験記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標のある日々

 人生、のんべんだらりと生きていては、時間が素通りするだけです。

 何もしないうちにいつの間にか時間が経っていた。

 そういう風になりかねません。

 自ら率先して目標を見つけ、ドンドンチャレンジしていきましょう。

 いやなことがあっても、それをしっかり受け止め、どれだけ前進しつづけるか。

 成功者になれるか否かはそれにかかっています。

 私の今後の目標としては、

 1,日本大学法学部卒業

 2,イラストレーターの通信教育を続ける

 3,各種試験に挑戦(宅建、CompTIA a+、ITパスポートなど)

 あとは、HPを充実させること。

 

 

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

パソコン整備士2級

 明日は、「パソコン整備士2級」の試験日である。

 昨年は3級を受けたのだが、雨の日だったことを覚えている。

 どうやら天気予報では、明日も雨のようである。

 3級は一番下の級ということもあり、余裕で合格する自信があったが、2級となると難易度がかなり変わってくる。

 今、最後の追い込みで公式テキストを勉強中であるが、理解できていない箇所も多いので、今回は合格する自信はない。

 合格率は20%ていどだと見ている。

 まあ、それでも、今後、ITパスポート試験や、ドットコムマスター★★や、CompTIA A+などのIT関連資格に挑戦するつもりなので、勉強したことは無駄にならないと思うので受けてみる。

 私の検定試験受験記はリンク先に掲載しています。興味のある人は飛んで行ってみてください。

 

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

イラストの通信教育を開始

 前々からやってみたいと思っていたイラストの通信教育を始めました。

 最短で8ヶ月で終了するコースです。

 費用は7万円強。

 1ヶ月あたり1万円弱ですね。

 といっても、その学費の中には、イラストを学ぶ上で必要な用具一式も入っていますので、実際の学習費としてはもっと安あがりです。

 やはり独学だとどうしても伸び悩むので、きちんとプロの指導を受けながら勉強してみたいと思います。

 ちょうどロンドン大学の遠隔教育の試験が終わったところなので、これから8ヶ月はイラストの通信教育に重点をシフトしようと思います。

 8ヶ月後にはどうやっていることやら。

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

パソコン整備士2級

 次の日曜日に「パソコン整備士2級」を受けます。

 今までずっとロンドン大学の最終試験に向けて勉強していたため、あまり「パソコン整備士」に向けて勉強できていません。

 公式テキストを一度ざっと読んだ程度です。

 昨年もこの時期に3級を受けたのですが、3級と2級ではレベルがかなり違います。

 合格する自信はあまりありませんが、どれくらいできるか試すだけでも意義があると思っています。いや、こういうことはコツコツ勉強していなければ、いきなり合格する実力がつくわけでもないので、コツコツ勉強すること自体に意義を感じています。なぜなら、そうやって蓄積した知識はパソコンライフにおいて大いに役立ってくれるからです。

 検定試験は久しぶりです。受験後にはまた受験記を載せたいと思います。

 ちなみに私の今までの受験体験記はリンク先のページに載せています。

 

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

ロンドン大学遠隔教育試験終了

 昨年末からコツコツコツコツと勉強してきたロンドン大学遠隔教育ですが、今日で最終試験が終わりました。

 日本で受講している学生数は200名くらいいると言われていますが、実際に最終試験を受けに来ている人はその10分の1くらいでしょうか。あくまで印象にすぎませんが。最終試験を受けなければ卒業はできないので、ほとんどの人は卒業を諦めてしまっているのかもしれません。

 しかし、今年の受験生は非常に少ないものでした。大地震の影響で母国に帰ってしまった人も多かったようです。

 結果が出るのが8月頃ですから、しばらくは結果のことは気にせず、他の勉強に精を出そうと思います。

 

| | コメント (0)

2011年5月13日 (金)

自殺はしてはいけない

 昨日、某タレントが自殺した。

 自殺はしてはならない。

 なぜか。

 家族や友人を悲しませるからか。

 なら、家族も友人もいない人なら自殺してもいいのか。

 カントは、自分に対する完全義務として、自殺はいけないと説いた。

 理由は、してはいけないからいけないのである。

 ただ、それだけの理由で、してはいけない、とカントは言う。

 自殺は、してはいけないから、してはいけないのだ。

| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

カントには親しい友人がいなかった?

 カントの勉強をしています。

 カントは社交性があったことで知られていますが、どうやら親しい友人はあまりいなかったようです。

 Friends!   I have no friends!

  というような内容のことを言ったとか言わないとか。

 兄弟とも親しくしていなかったようです。

 兄弟とも親しくしなかった理由がまたカントらしいのです。

 なんと、知的レベルが違いすぎるから、というのがその理由らしいです。

 私は、さまざまな哲学者を勉強してきて、カントの偉大さをいやというほど知っています。

 まだまだカントを勉強したいと思っています。

 カントのコペルニクス的転回は哲学史を根底から覆すほどの衝撃を与えましたが、私はそれよりもカントの定言命法の主張が気に入っています。

 定言命法とは、簡単にいえば、「理性を持つ人間であればこそ、しなければならないことがある」ということですね。

 その一つは、自分を常に磨くこと。

 そう、私たち人間は理性的存在者だからこそ、常に自分を磨かなければならないのです。

 

 

| | コメント (0)

2011年5月11日 (水)

今後の受験予定

 今月、「パソコン整備士2級」を受ける予定です。合格する自信はあまりありません。合格率は40%くらいかと思います。でも、合格基準点とどれくらいの隔たりがあるかを確かめる意味でもベストを尽くします。

 来月、「経営学検定(初級)」を受ける予定です。初級といっても、それなりに勉強していなければ合格できないのは言うまでもありません。なんとしてでも合格したいと思っています。

 それ以降は、「CompTIA a+」に興味がありますが、ある程度の自信がついたら受けようと思っています。

 7月中旬になれば、日本大学法学部の勉強が終わる予定なので、それ以降はガンガン検定試験に挑戦しようと思っています。今はとにかく日本大学法学部をきちんと卒業することですね。

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

次はどこの大学に入るか

 私は今、日本大学法学部(通信)で勉強していますが、今年9月に卒業する予定でいます。あと6単位だけになりました。

 問題は、10月からどこの大学に入るかです。

 今のところでは、日本大学商学部を考えていますが、まだどうなるか分かりません。

 日本大学商学部のいいところは、商学部でありながら、経済学部や法学部の科目が専門科目として何科目かカウントされることになっており、さらに総合教育科目で哲学などの科目も何科目かカウントされるということです。

 純粋に商学部の専門科目は6科目だけでも卒業は可能なのです。

 法学の勉強ももう少ししたいし、経済学も学びたいし、哲学も学びたい…。

 それでいて「商学の学士号」も取得できるのです。

 また、TOEICも在学中に受けて、ある一定の点数を取れば、それで2単位カウントしてもらえるというのもあります。

 そう考えれば、日本大学商学部はいい選択肢かなと思っています。

 学費が安いのも魅力的ですね。

 それ以外の大学としては、人間総合科学大学や武蔵野美術大学なども検討しています。ただ、これらの大学はちょっと学費が高いようです。日本大学商学部を卒業したあとの楽しみとして取っておいてもいいかなとも思っています。

 もはや私が10の大学を出るのは、時間の問題。

 いずれギネスに申請するつもりでいます。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

ゴールデンウィーク

 今日でゴールデンウィークが終わりの人も多いと思いますが、みなさん、いかがおすごしでしたか。

 私は、ずっと哲学に明け暮れていました。幸いなことに慶應大学の図書館は開いていましたので、ずっと図書館にこもって勉強しておりました。

 というのも、来週からロンドン大学哲学部の最終試験が始まるからです。

 つくづく思うのですが、学問ほど面白く、安上がりな趣味もないと思いますね。

 必要なのは本代くらいで、あとはずっと図書館で勉強していればいいわけですから。

 まったく、いい趣味を見つけました。

 私の場合、試験に合格するという目標もありますが、それよりも自分を磨くという目的のために勉強している部分のほうが大きいのです。ですから、勉強は苦になりません。楽しみながらやっています。

 試験も、合格すれば合格したで嬉しいと思いますが、不合格になっても別にどうったことはありません。それより楽しみながら学問ができただけでも幸せです。

 ベストは尽くします。ただ、結果はどうでもかまいません。ベストを尽くしたということが私には大切なのです。

 

 

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

通信制の大学で学ぼう

 私は慶應大学の通信教育課程を出て、今は日本大学の通信教育課程で勉強しています。

 通信制の大学で学ぶ意義についてHPを作っています。

 興味のある方はリンク先に飛んで行ってみてください。

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

翻訳家としての経験

 私は産業翻訳家としての経験も出版翻訳家としての経験もあります。

 その経験をHPで公開しています。

 興味のあるか方はリンク先に飛んで行ってみてください。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »