« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

私がこれから狙う資格

 みなさん、お元気ですか?

 人生は、ゴーゴーゴー。

 何があっても、前進あるのみですね。

 さて、私は昨日「経営学検定初級」に合格し、気分を良くしておりますので、この勢いで次々と資格に挑戦しようと思っています。

 さっそく、「Web検定(Webプロデュサー)」に挑戦するつもりです。

 さらに「宅建」「ITパスポート」「法学検定」「CompTIA a+」「英単語検定」「ビジネス実務法務検定2級」の5つに挑戦しようと思っています。

 ゴーゴーゴー。

 みなさんは、何に情熱を燃やしていますか?

 私は、理性の声がより良く聴けるようになることです。詳しくは以下のリンク先に書いてあります。  

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/selfintro.htm

| | コメント (0)

2011年7月30日 (土)

経営学検定初級に合格!

 「経営学検定初級」に合格した。

 今日、合格証が送られて来た。

 点数は自己採点どおり80点。

 65点以上が合格であるから余裕の合格だった。

 意外だったのは合格率が54.4%だったことである。

 70%くらいの人が合格していると思ったが、ふたをあけてみると、約半分。

 初級は少し勉強すれば合格できるし、社会人であればこれくらいの経営学の知識はあったほうがいいと思うので、みなさんチャレンジしてはいかが?

 これで私の保有資格数は107種類となりました。

 私の受験体験記は以下のリンク先にあります。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

| | コメント (0)

DVDで宅建の勉強

 宅建の勉強をDVDでしています。

 勉強は何でもそうですが、まずは取りかかりやすいものから取りかかる。

 これが原則ですね。

 DVDとかマンガ入りの参考書など、取りかかりやすいものから始め、初級用の参考書、中級用の参考書、本格的な参考書と取りかかるといいでしょう。

 宅建で有名なのが次のDVDらしいです。

 私も今、これで勉強していますが、初学者にはわかりやすくていいですね。

| | コメント (0)

2011年7月28日 (木)

宅建申込み

 宅建を申し込みました。

 申込みをしたためか、やる気が出ています。

| | コメント (0)

CASECで882点!

  2011年7月27日、自宅にて「CASEC」を受験した。

 英語の試験で有名なものにTOEICやTOEFLがあるが、このCASECというのは、TOEICやTOEFLに似た試験だといえる。

 ただ、CASECならではのメリットがある。

 1つはインターネット環境があれば自宅でも受験できること。2つめは、試験時間が40分程度と短いこと。3つめは、試験終了後にすぐに結果が出ること、である。

 試験時間が短いというのが忙しいビジネスパーソンにとってはありがたいことである。

 しかし、短い時間の試験だから信用性がないというものでもない。

 (財)日本英語検定協会が基礎開発をし、その後、(株)教育測定研究所が開発・運営しているので、それなりに信頼性が期待できる。

 また、CASECのスコアがTOEICに換算したら何点になるかも分かるので、TOEIC受験を控えている人であれば、だいたいの目安となるだろう。

 肝心の私の点数であるが、882点であった。

 これはTOEICに換算すると955点らしい。

 TOEICは900点を突破してから、「もうこれ以上上げなくても良いか」と慢心してしまって受けていないのだが、これで久しぶりに受けてみようかという気になっている。

 気軽に自宅で受験できるし、受験料も3500円と安いし、英語力のチェックにときどき受けてみるのもいいことだと思う。

 公式サイトは以下のリンク先にあります。

 http://casec.evidus.com/

| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

宅建を申込んだ

 宅建を申し込んだ。

 受験料は7000円。それに写真代に簡易書留代がかかる。いや、参考書やDVD代もかかる。

 これで試験日まで、ゴーゴーゴー。

 宅建の申込み締切日が迫って来ています。受験希望者は申込みをお忘れなく。

| | コメント (0)

そんな資格、取って意味あるの?

  資格といっても、今の時代、ほんとうに様々な資格があります。

 業務独占資格もあれば、取ったところで仕事に何の役にも立たない資格もあります。

 難関資格を取った人の中には、様々な資格にチャレンジしている人に向かって、「そんな資格、取って意味あるの? いったい何がしたいの?」と揶揄する人もいます。

 しかし、取って意味があるかないかは、本人にしか分からないことではないでしょうか。

 例えば、資格以外のことで考えてみてください。

 山登りが好きな人は山登りに意味を感じているから山登りをするのでしょう? 絵を描くのが好きな人は絵に意味を感じているから絵を描くのでしょう? 

 それと同じで、直接仕事に結びつくか否か、金儲けになるか否か、という点だけで意味があるかないか決めてしまうのは、早計だと思いますね。

 実際、私も、取ったところで仕事に役に立たない資格というものをたくさん取っています。

 でも、私はその資格取得に向けてがんばること自体に意味を感じていたからこそチャレンジしたのであって、それ努力自体、とても有意義だったと思っています。

 
 直接仕事に結びつくか否かとか、金儲けになるか否かという判断基準も大切でしょう。

 しかし、そういった色眼鏡を外して、自分を高めるのに役立ちそうだと思える資格であれば、どんどんチャレンジしてみると人生、楽しくなると思いますね。

 え? どんな資格を受ければいいかって?

 それは、自分が興味をもてる資格です。

 資格ガイド本も複数出ているようですから、そういったガイド本などで自分に合った試験を探して、チャレンジしてみましょう。

 新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

 新たな自分を探そう。ゴーゴーゴー。

| | コメント (4)

2011年7月26日 (火)

宅建の申込日迫る

 宅建の申込み期限はまだまだ先のことだろうと思っていましたが、すでにインターネット申込み期限は終了しており、郵送の期限もあとわずかとなっていました。

 早速、大型書店で申込用紙を貰い、写真を用意しているところです。

 また同時に宅建受験用のDVDや参考書を買い、勉強開始です。

 最初のほうはほとんど民法の世界ですので、これは私にとっては見覚えのあるところ。

 しかし、問題はその後ですね。なんだか難しそう。

 試験日まで3ヶ月を切っています。

 今からコツコツ勉強し、できれば今年、宅建に合格したいと思っています。

 ゴーゴーゴー。

 なお、私が昨日買った参考書は、『今年こそ宅建!―マンガではじめる入門の入門〈2011年版〉 』というもの。

 入門の入門であり、マンガが含まれていますので、読みやすいですね。

 宅建の勉強が初めてという人は、こういうのを1冊最初に読んでおくといいでしょうね。

 

| | コメント (0)

2011年7月25日 (月)

宅建に初挑戦?

 昨日、「eco検定」を受けて、自己採点の結果、どうやら合格まちがいなし、という点数だったので喜んでいます。

 先月受けた「経営学検定初級」とこの両方の合格通知が来れば、私の資格保有数も108種類となるところです。

 さて、では次は何を狙うかといいますと、「宅建」ですね。

 宅建の参考書を1冊持っていましたが、忙しさにかまけてあまり読み進められていなかったし、やはり「今年受けるぞ」という意気込みがないと、なあなあになってなかなか勉強が進みません。

 で、やはり宅建の参考書を眺めてみても、知っておいたほうが知らないより遙かによさそうです。

 特に私は部屋を貸している大家さんでもありますから…。

 宅建は何割かは民法の問題だし、できれば一発合格といきたいところです。

 ただ、他の簡単な資格と違い、宅建は合格率15%ていどの難関試験。

 実は、私の父も最後の最後まで合格できずじまいでした。

 さあ、これからの3ヶ月足らず、宅建に向けてゴーゴーゴー。

 ちなみに私の資格試験受験体験記は次のリンク先にあります。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

 

 

| | コメント (0)

ECO検定受験記をアップしました

 eco検定を受検しました。

 早くも解答速報が出ていましたので、それで自己採点してみると、80点。

 70点以上で合格となりますので、95%以上の確率で合格でしょう。

 詳しい受験体験記は以下のリンク先にあります。興味のある人は飛んで行ってみてください。

 http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

ECO検定受験

 本日、ECO検定に初挑戦します。

 会場は東洋大学。

 精一杯努力しました。あとはがんばって試験問題に取り組むのみです。

 試験が終わったら、サウナかな。

 受験体験記は後日アップする予定です。

 お楽しみに。

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

さし絵ライターの通信教育

 私は、この年(47才)になって、新たな趣味を始めました。

 絵を描くことです。

 といっても、何も目標がなければ、途中ですぐにやめることはわかっていることなので、「がくぶん」のさし絵ライターの通信教育を始めました。

 テキストで勉強し、1か月に1回添削課題を提出。

 まったくの初心者でも勉強が進められるように作られていますので、心配はいりません。

 最短8か月で終了できますが、忙しい人は、無料で延長も可能。

 あなたも始めてみませんか?

 新しい世界が開けてくるかもしれませんよ。

 資料は無料で取り寄せることができます。

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

ECO検定まで後2日

 ECO検定まで後2日となりました。

 全力投球するのみです。

 ゴーゴーゴー。

 受験体験記を公表する予定です。

 興味のある方は楽しみにして待っていてください。

| | コメント (0)

2011年7月21日 (木)

宮崎伸治の保有資格とは?

 私は、現時点で106種類の資格を保有しております。

 で、多くの人から、「どんな資格を持っているのですか?」ということを聞かれるのですが、その中から2つ3つくらい抜き出して答えてお茶を濁すだけで、一般公開したことはありませんでした。

 著書をたくさん出しているのですから、著書の中で保有資格のリストを公開したらどうか、という意見もありました。なのに今まで一般公開をしたことがありませんでした。

 なぜか。

 まあ、正直な話、たくさん資格を保有しているといっても、その大半、いや、もっといえば9割近くは簡単に取れる資格なのです。

 しかも、多くの資格は同じ系列の資格なので、1つ取れば、何も勉強しなくても、2つも3つも取れてしまうのです。

 だから、そんなに自慢するほどのことでもないのです。というより、資格のリストを公開するのが恥ずかしかったのです。

「え~、こんな簡単な資格も保有資格の一つにカウントしているの~」

 みたいなことを思われるのではないかと…。

 まあ、でも、恥ずかしがって公開しないより、少しでも私の受験体験がみなさんの参考になればと思い、公開することにしました。

 次のリンク先のページの下のほうに今、リストを作成中です。(たくさんあるので、一気にアップできませんので、少しずつアップしていきます)。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/selfintro.htm 

 私は、資格試験というのは、誰にでも平等に与えられた自分の能力をアピールするための機会だと思っていますし、同時に自分を磨く手段の一つだとも思っています。

 私自身、資格をたくさんもっていることで一目置かれたこともありますし、持っていて損をしたということは記憶している限り、あまりありません。 

 ですから、趣味の一つとして今後も取得していこうと思っています。

 あなたは、資格取得に興味はありますか?

 

 

 

| | コメント (0)

2011年7月20日 (水)

さし絵ライター養成講座

 私は今、「がくぶん」の「さし絵ライター養成講座」の通信教育を受けています。

 まったく絵を描いたことのない人でも、一から学べますので、安心です。

 あなたも、やってみませんか?

 新しい趣味になるかも知れませんよ。

 値段も、通信教育ですので、リーズナブルです。

 資料請求は無料ですので、関心のある人は、資料だけでも取り寄せてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

宮崎伸治のミッションとは?

 みなさん、お元気ですか?

 さて、みなさんにご質問です。

 みなさんは、自分のミッションというものを認識して生きていますか?

 言い換えれば、自分は一体何をするために生きているのかということを認識していますか?

 これが分かっていないと、その場その場で、あれが欲しい、これが欲しい、あれがしたい、これがしたい…という欲望の声に惑わされながら生きなければなりませんよね?

 喩えていえば、航海に出るとき、目的地が分かっていないのに出航してしまうと、潮の流れに流されてしまって、結局、自分が思ってもいないところにたどりつく、という感じになりますよね?

 では、そういう私はどうなのか? と言いますと、自分では自分のミッションが十分に分かっているつもりでしたが、言語化しようとすると、これがなかなか難しい。

 いや、本当に難しい。

 やってみると、本当に難しいのです。

 で、思い出したのが、経営学の先生が授業中にしきりに読んでみろと勧めていたのが『ミッション・経営理念』という本だったわけです。この本には有力企業983社のミッションや企業理念が書かれています。

 「なるほどなぁ、この会社が目指しているはこういうことなのか~」などと、この本をパラパラとめくりながら、私は私でミッションをしっかりと認識しないと…と思い、先日、ミッションを言語化しました。

 私のミッションは以下のリンク先にあります。

 http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/selfintro.htm

 あなたのミッションは何ですか。

 あなたはそれを今、口に出して言えますか?

 口に出して言えないとすると、それは最終目的地が分かっていないのに海を走っている船と似ていると言えませんか?

 自分のミッションがはっきり分かっていれば、最終目的地は分かっているわけですから、途中で航路が多少ずれることがあったとしても、「こんなはずじゃなかった」ということにはならないと思いますね。

 そういう人は、1年、1年と経つにつれ、どんどん成長していくのではないでしょうか。

 そういう意味でも、充実した人生を歩もうと思えば、まずはミッションを明確に描くことじゃないかと思いますね。

 ま、そんな偉そうなことを言っていますが、私自身、ミッションを言語化したのは、つい先日のことなのですけれどね(笑)。

 まだミッションを言語化していない人は、ぜひやってみてください。

 思っているだけでなく、書き出してみてください。

 簡単にできそうでいて、けっこう難しいです。

 

  

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

ロンドン大学通信教育

 私のブログに「ロンドン大学通信教育」の情報を求めて飛んで来られる方が多いようです。

 このブログにはロンドン大学通信教育についてほとんど書いていませんが、それでも多いようです。

 さて、ロンドン大学通信教育に関しては、別にブログを開設しておりますので、そちらのほうを参考にしてください。URLは以下のとおりです。

 http://londonkeio.seesaa.net/

 学部によっては、日本にいながらにして(つまりイギリスに一度も行かなくても)ロンドン大学の学位が取れるところもあります。また卒論が必須でない学部さえあります。

 しかも学費も安い。

 さらに言えば、ロンドン大学を通学課程で出た人とまったく同じ学位であり、レベルに差がありません。

 ですから、通信課程であれ、卒業してしまえば、胸をはって「ロンドン大学を卒業した」と言えます。

 英語がある程度できる人で、かつ学びたい分野のある人であれば、ぜひお勧めしたいですね。

 もっとも受験地は原則として東京、もしもアレンジしてもらえれば大阪、という2カ所に限定されるようですし、しかも試験日は平日ですから、平日に休みが取れる人でなければ、受験できませんけれど…。

 え? 私はどうかって? それは上記のブログに飛んで行ってのお楽しみ。

 

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

ECO検定まで1週間を切る

 みなさん、暑いですね。

 さて、私のほうは、ECO検定まで1週間を切りました。

 今は全力投球しているところです。

 先週1週間で、ざざっと3回公式テキストを通読しました。

 通読といっても、本当にざざっとしか読んでいません。なにしろ、覚えることがたくさんあるので、一つひとつ覚えながら読んでいると、いつまでたっても読み進められませんから。

 過去問をぱらぱらとめくった感触では、現時点で6割ていどはできそうです。

 合格は7割以上の正答率。

 さて、残りの日数で合格点が取れるか。

 とてもチャレンジングです。

 結果は気にしていません。

 環境問題に多少なりとも詳しくなったので、もうそれで「もと」が取れたと思っています。

 公式テキストは、たしかに受験対策用に作られていますが、環境問題のガイドブックとして、試験を受ける受けないに関係なく、読んでも興味深い本だと思います。特に企業人であれば、これくらいの知識は必要だと思います。

 

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

消費期限と賞味期限

 消費期限と賞味期限の違いが分かりますか?

 普段、なにげなく生きていると、あまりECOに関して考えませんよね?

 でも、ECOを意識しながら生きていくと、また違った生き方ができます。

 「ECO検定」を目標にすれば、自然と、ECOの知識も身に付いてきます。

 例えば、先に紹介した、消費期限と賞味期限の違いも分かるようになります。

 あなたも、ECO検定を目指してみませんか?

 

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

通信教育で自分を磨け

 私は、今、がくぶん総合教育センターで「さし絵」の通信教育を受けています。

 会社勤めをしている人などで、時間のやりくりが大変な人は、学校に通うよりも通信教育のほうが勉強しやすいですよね。

 人間、ものぐさなもので、何か目標をもって頑張っていないと、あっという間に時間だけが過ぎ去っていきます。

 あなたも、自分にあった通信教育を探してみませんか?

 新しい世界が開けてくるかも知れませんよ。

 資料だけでも取り寄せてみたらどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ECO検定の勉強法

 私は、再来週の日曜日に「ECO検定」に初挑戦します。

 先日、過去問題集を購入し、ぱらぱらとめくってみると、現段階で5割ていどはできそうな気がします。もっとも、すべてマークシートですから、5割というのは、あまりたいしたことはありませんが。7割以上の正解で合格となります。

 過去の合格率を見てみると、7割弱程度の人が合格しているので、きっちりと公式テキストを勉強しておけば、それほど難しい試験というわけではなさそうです。

 ただ、過去問題集は買っておいたほうがいいでしょう。

 公式テキストだけでは、どういう形式で出題されるかまったくわからないので、心の準備をするためにも過去問題集を買っておいたほうがいいでしょう。

 また、過去問題集に目を通しておくと、「なるほど、こういうのは出るのだな」ということがわかるので、勉強もしやすくなります。

 年に2回の試験ですから、せっかくなら1発合格したいところですね。

 

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

がくぶん2回目は78点

 私は、がくぶん総合教育センターの「さし絵」の通信教育をしているのですが、2回目の得点は78点でした。

 絵をうまく描くというのは、けっこう年季がいるものですね。

 私は書道歴が長いので、わりと手先は器用ですが、それでもなかなか高得点とはなりません。

 私の今の目標としては、8ヶ月の受講を最後の最後までやり遂げるぞということですね。

 結果が返ってきたところで、早速、3ヶ月目に突入です。

| | コメント (0)

2011年7月13日 (水)

環境問題について考えてみるには

 私は、今、「ECO検定」に向けて勉強しています。

 公式テキストを読み進めていますが、いかに今まで環境問題に対して無知であったかに痛感しています。

 もちろん、環境問題に詳しくなったからといって、さあ明日から収入が増えるとかそういった可能性もほぼないでしょうが、環境問題について何も考えずに生きるより、考えながら生きたほうが、何倍も幸せになれる。勉強していて、つくぐくそう感じますね。

 勉強はほかの誰のためでもない、自分のためです。

 自分がより幸せになるためなのです。

 受験料も高くないですし、この試験は自分を高めるという点でお勧めの資格といえます。

 「そんなの取ってどうなるの? 何になるの?」という人は、勉強の真の意味が分かっていない人がいうセリフです。

 たしかにすぐに収入が増えるとか昇進するとか、そういうことはないかもしれませんが、自分を含む多くの人々のクオリティ・オブ・ライフを高める基礎として役立つ知識を身につけるきっかけを与えてくれるのはまちがいありません。

 知らないということは恐ろしいことです。知っていたほうが何倍もいい。そんな環境に関する知識がぎっしり詰まっているのがこの公式テキストです。

  

| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

法律関係の資格比較

 法律関係の資格にもいろいろある。 

 知財検定、ビジネス実務法務検定、法学検定、宅建、ビジネスコンプライアンス検定、ビジネス著作権検定など、さまざまである。

 これらの検定の難易度はどうだろうか。

 試験の内容も違えば、受験者層も違うので、単純比較はできないが、合格率だけで判断すると次のような順で難しいことになる。ちなみに合格率は入手できたものの中で最新のものを四捨五入している。

 1、知財検定1級 5%

 2、ビジネス実務法務検定1級 8%

 3、法学検定2級 13%

 4、宅建 15%

 5、ビジネスコンプライアンス検定上級 19%

 6、知財検定2級 38%

 7、法学検定3級 45%

 8、ビジネス実務法務検定2級 49%

 9、ビジネス著作権検定上級 49%

 10、法学検定4級 54%

 11、ビジネスコンプライアンス検定初級 58%

 12、ビジネス著作権検定初級 70%

 13、ビジネス実務法務検定3級 81%

 こうしてみると、宅建はかなり難しい部類に入るだろう。私はこの中のランキングでは、最高で知財検定2級をもっているが、その合格率は38%もあるわけであるから、それほど難関ではない。

 今年、宅建を受けようかどうしようか迷っているところであるが、最終的には宅建や法学検定2級は取りたいと思っている。

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

ECO検定に向けてゴーゴーゴー

 今月の24日に「ECO検定」を受ける予定です。

 今まで日本大学法学部の勉強が忙しかったこともあり、試験勉強はあまりやっていません。

 公式テキストは220頁くらいありますが、まだ50頁くらいまでしか読んでいません。

 各頁とも覚えておくべきことがぎっしりつまったようなテキストですので、スラスラ読み飛ばすというわけにいきません。

 残り2週間でどこまで合格に近づけることができるか、がんばってみます。

 ただ、合格・不合格はそれほど拘っていません。

 こうして試験に挑戦することによって、環境問題への意識を高めるのが私の真の目的なのです。

 人間、ものぐさなもので、こうでもしないかぎり、なかなか環境問題について腰を据えた勉強はしないものです。

 だから、こういうのをきっかけにして環境問題についても考えてみよう、というのが私の真の目的です。

 まあ、でも、合格できれば合格したに超したことはあり+ません。

 この試験が終わったら、次はCompTIA a+に挑戦するつもりです。受験料が2万円以上しますので、そんなに頻繁には受けられませんが、今、キャンペーンが始まったみたいなので、これを機会に受けたいと思っています。

 

| | コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

国際パーティにでも行ってみるかな

 ひょんなことから、銀座や新橋などの都心部で大きな国際パーティが開かれていることを知った。

 参加費は3000円で、飲み食い自由な上、ディスコもやっているようだ。

 しかも予約は必須ではなく、1人でも飛び入り参加はOKなようだ。

 私がこの情報を見逃すわけはない。

 なぜか?

 そんなに英語がしゃべりたいのか?

 いや、実は、花粉症から逃げるためにオーストラリアがニュージーランドに行きたいと思っているのだが、これらの国には杉花粉に相当する花粉は飛んでいないのか、ということを実際にこれらの国から来た人に聞いてみたいのだ。

 私は花粉から逃れるために北海道にたまに行くことがあるが、せっかくなら、海外に行ってもいいと思っている。できれば、英語のブラッシュアップにもなるので、オーストラリアかニュージーランドがいいと思っているのだが、問題は花粉の情報だ。

 なぜオーストラリアかニュージーランドかといえば、時差がほとんどないからだ。アメリカだのイギリスだのに行ったら、昼夜が逆転する。1週間程度の旅行ならば、だんぜん時差が少ないほうがいい。

 インターネットでもはっきりしたことは分からないし、えええい、こうなったら、オーストラリア人やニュージーランド人をつかまえて聞くしかない。

 でも、パーティに出たからと行って、そう簡単にオーストラリア人やニュージーランド人が見つかるだろうか?

 見つかったところで、そんなことばっかり聞いて嫌な顔をされないだろうか?

 まあ、そんなことをあれこれ悩んでいてもしかたないし、嫌な顔をされるようなら、その場で花粉症の話を止めればいいわけだし、行ってみようかな。

 万が一、話し相手が見つからなくても、ディスコで踊りまくって、食事をたらふく食って買えれば、3000円だから十分もとがとれそうだ。

| | コメント (0)

これからの挑戦

 私は今後、ECO検定、宅建、経営学検定中級、法学検定4級、ビジネス実務法務検定2級、ITパスポート、簿記検定、などの受験を考えています。

 つくづく思うのですが、やはり、知は力なりです。

 知識がないばかりに泣かされることも多いこの世。

 泣きたくなければ、知を身に着けて力強くなりましょう。

 

| | コメント (0)

2011年7月 8日 (金)

来月は東京芸術学舎へ

 日本大学法学部の授業がすべて終わりましたので、あとは10月に日本大学商学部に入学するまでは「夏休み状態」といえます。

 そこで私は8月は、東京芸術学舎というアートカレッジにデッサンを学びに行く予定です。

 ここで取得した単位は、将来、京都造形芸術大学(通信)に入学した場合、卒業要件としてカウントされるようなので、いわば、京都造形芸術大学卒業も視野に入れた行動といえます。

 なんでまた芸術を、と思われるかもしれませんが、将来的には、自分で描いたイラストをHPやブログに取り込み、より魅力的なHPやブログにしたいと考えています。

 芸術は長い道のりですが、私の場合は、自分が楽しんでやっているので、全然、苦にはなりません。努力は要しますが、苦ではないのです。これを説明するはちょっと難しいですが。

 あなたのこの夏のスケジュールは何ですか?

 

| | コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

日本大学での授業が終了

 私は今、日本大学法学部(通信)で学んでいますが、7月7日で授業がすべて終了しました。

 今年の春の授業は「経営学」と「商法2」の授業を受けていましたが、2つとも試験の出来はほぼ完璧だと思います。おそらく両方とも95点以上の出来でしょう。

 なので、間違いがなければ、9月卒業ということになるはずです。

 もっとも、事務手続きなどに何かの間違いがあれば、単位が不足して卒業ができなくなりますので、保険として8月の夏期スクーリングに英作文1と英作文2の科目の履修を申請しています。

 英語が得意中の得意である私が英作文などという科目を取るのは姑息な手段だと思われるかも知れませんが、これはあくまで保険だからです。何かの間違いで上記2科目のいずれかが落ちた場合、本当になにがなんでも合格しなければならないので、もしそんな事態になったとしたら英作文という秘伝の宝刀をふるうつもりです。

 上記2科目の試験の結果が判明するのが8月中旬の予定です。なので、今はそれまでじっと待つしかありません。

 さて、なんだかんだで、日本大学から法学の学士号の取得ということになりそうです。私は2年での卒業ですので、すべて込みでも30万円台しか使っていないと思います。そんな私ですが、法律のことはまだまだ知らないことも多いものの、学士号にふさわしい知識は身に付けたと思っています。

 さて、あなたも大学の通信教育で学位を目指してみませんか?

 働きながらでも学位を取っている人も多くいますよ。

 要はやる気を持続させることができるか否か。しかも一度大学を出た人であれば、学士入学すれば、3年未満でも卒業は可能です。

 私は、本当に学問って大切だと思うし、それこそ幸せの源泉だと思っています。なので、あと少なくとも3つや4つは大学を出るつもりです。

 

| | コメント (0)

外国語会話に興味があればベルリッツ

 外国語会話に興味はありませんか? 

 英語でも、中国語でも、ドイツ語でも、ぺらぺらとしゃべれたらいいと思いませんか。

 興味があれば、行動に出てみること。

 例えば、私はベルリッツで英語とドイツ語を学びました。

 今、無料体験レッスンをやっていますので、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 強引な勧誘はありませんので、安心して無料体験レッスンを受けることができます。

 1対1で、自分が学びたかった外国語の会話を、しかも、無料で。

 もう、体験してみるしかありませんよね?

 

 </p>

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

ベルリッツで英語のブラッシュアップ

 先日からベルリッツで英会話のマンツーマンレッスンを受けています。

 マンツーマンですから受講料は高くつきます。

 しかし、日本に帰国してから、ずっと英語を話す機会がないので、たまにはブラッシュアップをする必要があります。

 1人で英語を口ずさんでおけばいいかなと思うこともあるのですが、やはり、それでは英会話力はなかなか維持しにくいものです。

 大きな賞を取った有名歌手でも、その後もボイストレーニングを欠かしません。それと同じで、維持するには、それなりに陰で努力しないといけないのですね。

 さて、私はDMを持っていったので1レッスン分無料にして貰えました。

 少数のレッスンでも受講できますので、興味のある人は問い合わせてみるといいでしょう。

 1レッスンだけの受講でもいいみたいですよ。たしか昔は最低10レッスンから購入可能ということだったと思いますが、いい時代になりましたね。

 またベルリッツは英語だけでなく、ドイツ語、フランス語、中国語など様々な外国語を教えてくれますので、ちょっとだけかじってみるかという人は、少数のレッスンだけでも受けてみるといいかも知れませんね。

 新しい世界が開けてくるかもしれませんよ。

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

宮崎伸治のミッション

 先日もブログで書いたが、経営学の先生が『ミッション・経営理念 社是社訓―有力企業983社の企業理念・行動指針 』という本が面白いので読んでみろと何度も勧めるので買ってみたが、なるほど、面白い。

 各企業の理念や社是、行動規範というものが掲載されているのだが、これだけを見ても、「ああ、この企業は、こういうことを目標にしているのだな、なんか伸びそうだな」というのがかいま見られる。一方で、「この企業、こんな経営理念しか持ってないの? 将来、大丈夫か?」という企業もある。

 もちろん、経営理念や社是だけで企業が判断できるわけではなかろうが、ある程度、どんな企業なのかがかいま見られる。

 では、フリーランスである私自身のミッションは何か。

 私はそれを言語化し、常に、その理念に向かって一日一日を大切に生きようと思っているわけであるが、言語化しようと思うと、これでなかなか難しい。

 とりあえず、「宮崎伸治の公式ホームページにおけるミッション」を考えてるが、次のようなものはどうか。

「宮崎伸治は、理性的に振る舞うことこそが人間の幸せにつながるとの信念のもと、理性を磨くことを人間の主要な義務の一つとして捉え、常に理性を磨く。理性を磨く方法として読書、映画鑑賞、学位取得、資格取得などに挑戦する。その挑戦する姿をホームページで公開し、同じ意思を持つ人の勇気を鼓舞するとともに有益な情報を提供する」

 今まで、正直にいって、自分のホームページの理念というものを明確に意識したことはない。そういうわけで、ネコの写真を掲載したり、買って良かったという商品の紹介をしたり…とあっちへふらふら、こっちへふらふらとなっていた。

 そこで、今一度、自分のホームページにおけるミッションを言語化してみた。

 そう、私はこういうホームページにしたかったんだ、ということがおぼろげながら見えてきている。

 まあ、また後日修正するかも知れないが、とりあえず、今のところは上記のようなミッションを自分に言い聞かせているのである。

 ところで、あなたの人生におけるミッションは何か? 

 あなたはそれを自覚して一日一日を生きているのか?

 それを自覚していないと、あっちへふらふら、こっちへふらふら、気が付いてみたら、何もたいしたことをやってなかったという人生になってしまわないか?

 今、自分のミッションを言語化してみよう。そしてそれを書き出して、目に見えるところに貼っておこう。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

経営学検定の結果発表

 先日受験した「経営学検定(初級)」の正答が公表された。

 私は、自分で8割弱ていどのできだと思っていたが、採点してみると、50問中40問の正答で、ちょうど8割のできだった。

 65%が合格基準なので、何かの手違いがないかぎり合格するであろう。正式には合否通知が来るのを待って「合格」と考えよう。

 これで合格通知が来れば、107種類目の資格となる。

 私の場合、ちょうど日本大学で経営学の授業を受けているため、一石二鳥という側面もあったが、1ヶ月の勉強で、ここまでこれた。

 会社に勤務している人であれば、常識を働かせれば分かる問題も多くあるので、経営学を体系的に学び直すいいチャンスになると思う。

 ビジネスパースンにはお勧めの資格である。勉強方法としては、公式テキストをざっと読んでおけばいいだろう。

 私自身は次に中級を目指したいと思っている。

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

あなたのミッションは何か?

 あなたは自分のミッションを自覚しているか?

 言い換えれば、あなたはいったい、何をしにこの世に生きているのか、それを自覚しているか。

 経営学の先生が、何度も、『ミッション・経営理念 社是社訓―有力企業983社の企業理念・行動指針 』を勧めていたので、買ってみたが、まあ、眺めているだけでも興味深いものである。

 この本は各企業のミッションが掲載されている本だが、なるほど考えてみれば、どんな会社かを知ろうと思えば、その会社が掲げているミッションを見れば、おおよその姿が見えてくる。

 で、考えてみた。

 では、人間の場合も、その人が自覚しているミッションを知れば、おおよそ、その人がどんな人間かはわかるのではないかと。

 で、その前に、じゃあ、自分のミッションは何かと考えている。そう、自分で自分を自覚するためだ。他人のことをどうこう言う前に、まずは自分だ。

 そういうわけで、今、自分のミッションを言語化している最中であるが、これがなかなか難しいものである。

 上記の本も参照しながら、作り上げている。何度も推敲しながら、いいものにしあげていきたい。なにしろ、それが自分の究極の目的地になるのだから、しっかりと見極めていきたいとおもう。

 もう一度聞く。

 あなたのミッションは何か?

 あなたはそれを自覚しているのか?

 それを自覚していなければ、あなたの人生は、こっちへふらり、あっちへふらり、ということにならないか? そんなふらりふらりとした人生を歩んでいて、それでいいのか?

 今、自分のミッションを自覚しよう。そして究極の目標を見据えて、一日一日をしっかり生きていこう。

| | コメント (0)

2011年7月 2日 (土)

経営学検定の結果はもうじき

 経営学検定の結果は、試験日から1週間後にHPで発表すると言っていました。

 この前の日曜日が試験日でしたから、1週間後であれば、明日が発表ということになります。

 合格している確率は自分として95%以上あると思っていますので、結果が発表されるのが楽しみです。

 発表されたら、早速、自己採点してみたいと思っています。

 その結果はまた公表しようと思います。

| | コメント (0)

2011年7月 1日 (金)

通信制の大学って、いいと思うよ

 私は慶應大学の通信課程を卒業したのですが、その後も、日本大学の通信課程で勉強しています。

 日本大学のほうは、あと1週間ですべての日程が終わります。

 つくづく通信制の大学って、いいなぁと思います。

 最初の大学は通学課程に通ったほうがいいと思います。通学課程では、勉強だけでなく、クラブをやったり、コンパをしたり…。ときには夜を徹して友人と語り合ったり…。そういうのはやはり通学課程でないとできませんからね。

 しかし、いったん社会に出て、純粋に学問だけをしたいのなら、通信課程のほうが勉強に専念できますし、文系に限っていえば、勉強は基本的に読書と執筆で成り立つわけです。何も大講堂での講義を聴く必要はないのですね。

 で、ありがたいことに、通信課程でも通学課程とまったく同じ学位記を出してくれますし、学位にまったく差はありません。

 一番ありがたいのは、学費が安いということでしょうね。

 学士入学をして最短で卒業すれば、トータルでも30万円台~40万円台でも卒業は可能です。実際、私は慶應大学を40万円くらいで卒業しています。

 1ヶ月にしてみたら、ほんの1~2万円ですよ。1~2万円なら、スモーカーならタバコ代ですべて消えてなくなるでしょうし、パチンコが趣味の人なら1日で消えてなくなりかねませんよね?

 その1~2万円を通信教育で自分を磨くことに費やせば、わずか2~3年で新しい学位が取れるのですよ。

 どうです? やってみたいと思いませんか?

 もちろん、学費が安い分、勉強は孤独ですし、ハードです。途中で勉強が嫌になって中退する人は多いです。

 でも、コツコツ勉強できる人にはこれほどありがたいシステムはないですね。

 私は、つくづく学問の重要性を悟りましたので、まだまだ勉強を続けるつもりです。

 興味のある人は次のリンク先に飛んで行ってみてください。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/correspondence.htm

 

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »