« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

英語への情熱が再燃

 私は、20代のころ、英語、英語、英語・・・という生活を送ってきたのですが、30歳で留学し、2年後に留学から帰るころには、英語への情熱がなくなりつつあったのですね。

 イギリスでは、みんな英語をしゃべっているし、20歳前後の留学生は、私より速いスピードで英会話能力を習得するし、ああ、英語なんてしゃべれたからって、いったいそれがなんなんだって思い始めていたんです。

 恋人も手に届かないうちは、ほしくてほしくてしかたないでしょう。

 しかし、いったん自分のもの(配偶者)になって、いるのが当たり前になってしまうと、恋心は消えてなくなりますよね。

 それと同じようなものだと思いますが、日本にいたときは、英語、英語、英語・・・と手に届かない英語を追い求めていましたが、留学してしまって毎日英語で話さなければならないという義務に変わると、英語が楽しくなくなってきたわけです。だって、義務ですから。

 で、帰国してもう長年経つわけですが、最近では、またまた英語に情熱を捧げています。

 英語、英語、英語・・・という生活ですね。

 手に届かなくなってしばらく経ってしますと、英語が魅力的に映ってくるわけです。

 今はいい時代になったもので、YouTubeで、英語のテレビ番組が見放題です。

 というわけで、私は今、毎日、英語のテレビ番組を見るというのが趣味の一つとなっています。

 で、こうなると、英語を話したくなる。

 そういうわけで、来月から、またまた英会話学校に通おうかな、なんてことを考えています。といっても、マンツーマンレッスンは高いので、せいぜい10万円とかそれくらいの予算でですが。

 え? 一体なんでって? 仕事に使うのかって? 

 いや、これはもう英語が好きだからってこと以外、ないでしょうね。別に、どこかで元を取ってやろうとか、そういう魂胆はないのですね。

 恋って、そういうものでしょう?

 というわけで、今、まさに英語と恋愛中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

資格試験を学問する

 こんにちは、資格王、学位王の宮崎伸治です。

 さて、今、私は、歴史の勉強を始めています。

 歴史能力検定を受ける予定です。最終的には2級まで行きたいと思っています。

 私が歴史を学ぶのは、一つには歴史の苦手意識を払拭するというのもありますが、大局的な目標としては人間としての見識を高めるということもあります。

 例えば、単に検定試験に合格するということだけであれば、「和同開珎は何年に鋳造されたか、708年である」というのを棒暗記しておけばいいわけですね。

 単に検定試験の合格を目指している人は、その事実だけ覚えておけばいいわけで、そこから先は考えようが考えなかろうが、本人の自由です。

 しかし、人間としての見識を高めようという大局的な目標を意識しながら勉強していると、「和同開珎は708年に初めて鋳造された」という事実を覚えているときに、「今の日本人はお金が存在しているのが当たり前だと思っているけれど、和同開珎が708年にできるまでは日本にはお金というものが存在しなかったんだ」ということに気づき、「じゃあ、お金お金お金・・・ってお金ばかり欲しがる現代人は、お金そのものが存在していなかった707年以前の人間から見れば、どう映るんだろう?」という哲学的な疑問が湧いてくるわけですね。

 しかも、当初は一般人は和同開珎の使い方もよく知らず、あまり普及しなかったようです。つまり、日本人がお金を使い始めたというのは、もっと先の話。

 日本列島には10万年前くらいから日本人が住み始めたと言われていますが、お金を使うのが当たり前になったのは、そのうちのほんのわずか、せいぜい1000年強です。

 こういう風に、資格試験のための、面白みに欠ける年号を覚えるという暗記作業も、人間としての見識を高めるという大局的な目標を意識して勉強すると、ぐんと面白さが変わってくると思います。

 私は、資格の取得数も112種類と、資格マニアのように思われていますが、資格そのものの合否にはそれほど拘ってはいないのです。(というより私の場合、合格したからどうにかなる、というものではないからです)。ですから不合格になっても、少しは落胆することもありますが、比較的あっさりしています。なぜなら、合格を目指して勉強していますが、合格するために勉強しているのではなく、人間としての見識を高めるために勉強しているからなのです

 ということで、私の資格取得への挑戦は、実は、人間としての見識を高めるという大局的な目標とつながっているので、お金になるかならないかとか、合格したらそれで何が変わるんだとか、そういうことは抜きにして、まだまだ挑戦は続きます。

 4月初旬にでも「パソコン整備士2級」に再挑戦しようと思っています。

 ゴーゴーゴー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

面白そうな英語の番組を見つけた

 英語の勉強を続けてきて良かったと思うときは、感動する英語の書籍にであえたときです。

 もちろん、洋画を字幕なしに理解できたときというのもありますけど。

 さて、昨日は、別の楽しみを見つけました。

 今やYouTubeで、英語の番組も見放題って時代ですよね。

 もちろんそれは前々から知っていたのですが、まあ、とはいっても、そんなに英語の番組を見ることはなかったわけです。

 ところが昨日、面白そうな番組を見つけました。

 1つは、Discovery channel、もう1つは、BBC documentary。

 やはり洋画となると、フィクションが多いですから、「なんだかんだいっても、作り話だろう」という目で見ます。娯楽気分で見るのはいいのですが、そんなにいつもいつも見ようという気にはなりません。

 しかし、ドキュメンタリー番組だと、真実(まあ真実といっても、厳密に言えば、真実にかなり近いことといったほうがいいかも知れませんね)が知れるわけで、それを英語で見ることは知的好奇心を満たしてくれます。

 英語好きの私にはとてつもない発見でした。

 レベル的には、英検でいえば準1級~1級くらいの実力があれば、見ても面白く感じるのではないでしょうか?

 いい趣味を見つけたなぁという思いで一杯です。

 まあ、せっかくこうして英語の勉強をしている最中でもありますので、TOEICやTOEIC SWも受け直してスコアをアップさせておこうと思います。

 ゴーゴーゴー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

法学検定

 こんにちは、資格王・学位王の宮崎伸治です。

 つねづね思っていることですが、私は、人間の本当の幸せというのは、神の意志に沿った生き方をすること、言い換えれば、理性の声に耳を傾けて生きることだと思っています。

 それができるようになるには、理性を磨かなければならないわけです。

 さて、理性を磨く方法の一つとして、資格試験を目指すのもいいと思いますね。

 話は変わりますが、法学検定ですが、昨年までは、4級、3級、2級の3つの級でしたが、今年からそれぞれベーシック、スタンダード、アドバンスドというふうに名称が変わったようです。

 昨年まで、1級がないのに、なぜ2級から4級という呼称なのか不思議に思っていましたが、今年から改善されたようですね。1級がないのですから、今年からの呼称のほうがベターだと思います。

 私は昨年、ためしに4級を受けて合格しましたが、今年は3級に相当するスタンダードに挑戦しようと思っています。

 最終的にはもちろんアドバンスド合格まで行きたいと思っています。法学部を出ていますしね(笑)。

 人間、日々、努力です。

 今日も一日がんばりましょう!

 ゴーゴーゴー。

 ちなみに私の受験体験記は以下のリンク先にあります。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

歴史能力検定に向けての勉強

 こんにちは、資格王・学位王の宮崎伸治です。

 人間は、ものぐさなもので、絶対にやらなければならないというものでないかぎり、忙しさにかまけて、怠けがちになります。

 まあ、その最たる例は、通信教育かも知れませんね。多くの人は途中でめんどくさくなって止めてしまいます。

 めんどくさくなる理由の第一は、難しすぎるということです。

 私は慶應大学(通信教育課程)時代に、難しい学問は、とっつきやすい参考書から勉強を始めるというテクニックを修得しました。

 例えば、慶應のテキストは難しすぎるものが多くあり、多くの人はそれで挫折しているようでした。

 しかし、私はテキストが難しい場合、入門者向けの参考書を読んでから、テキストに取り組むという方法をとりました。

 あるいは、海外の長編小説が必須課題となっている場合、いきなり長編小説を読むというのはけっこう大変です。そういう場合、その小説の映画化されたものをDVDで見てから、小説を読みました。

 このように易しいものから難しいものに移るというテクニックを使えば、嫌な勉強もはかどるわけですね。

 で、私は、歴史に苦手意識を持っているわけですが、これは長年私の心の奥底にこびりついていて、悪循環を来しているので、どうにかしなければと思っていました。

 知人・友人が「織田信長」とか「黒船」とか歴史のキーワードを口にするたび、心の中では、「コメントを求められないように」と祈りながら、逃げ出せる場合は、そそくさと逃げ出したりしていましたが、こういうふうに歴史に苦手意識をもっているといろいろと損をするわけですね。

 そこで私は歴史をDVDやマンガで勉強しています。歴史を勉強するぞ! といきごんで高校の歴史のテキストを読み進めても、数日したら嫌気がさすだけなので、それなら、慶應時代に習得した「易から難」の学習法でいこう、と決意したわけです。

 DVDを繰り返しみることで、歴史に対する苦手意識を克服し、歴史能力検定も次々と取っていくつもりです。

 歴史の専門家にはなるつもりはありませんが、少なくとも歴史能力検定で2級レベルまで到達すれば、もはや歴史に対する苦手意識も消えてなくなることだと信じています。

 やはり資格王を自称するからには、苦手分野はあまり作らないほうがいいとも思いますしね。

 DVDは10巻もあって4000円台で買え、しかも繰り返し繰り返し見ることができるので私にとってはとてもお買い得な商品でした。これで歴史に対する苦手意識も払拭できそうです。

 ちなみに私の保有資格については、以下のリンク先にあります。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/selfintro.htm

 ゴーゴーゴー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

パソコン整備士2級の結果

 こんにちは、資格王・学位王の宮崎伸治です。

 昨日は、「パソコン整備士2級」を受験しました。

 70点以上が合格のところ、前回は61.3点、今回は66.3点でした。

 5点アップしたので、まあ、良しとしましょう。

 次回は70点以上で合格といきたいところです。

 この試験は、他のIT資格と異なり、トラブルシューティングの問題もあるので、一般のパソコンユーザーも勉強しておくことが望ましいと思います。

 わざわざお金をかけて試験を受けるまでもないと思っている人もいるかも知れませんが、ちょっとした知識がないばかりに、大きな損害を被るということもありうるので、そうならないためにも勉強しておいたほうがいいでしょう。

 この試験は受験料が6300円と他のIT資格と比べても安いので、受けるメリットは十分あると思いますね。

 ゴーゴーゴー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

毎日の積み重ね

 

 こんにちは、資格王・学位王の宮崎伸治です。

 ある医師が本の中でこんなことを書いていました。

「会社が倒産すれば、人は倒産した倒産したといって驚くが、それはいきなり倒産したのではなく、間違った判断、間違った行為が積み重なった結果として倒産している。病気になるのも同じで、間違った判断、間違った行為が積み重なった結果として病気になる」

 倒産や病気以外のことにも、これは言えるのではないでしょうか。

 学問でも、スポーツでも、芸術でも、いきなり偉業を達成する人はいませんよね。

 積み重ね、積み重ねて、それがいつか花咲くわけですよね。

 ですから、偉業を達成しようと思えば、コツコツコツコツ、積み重ね、積み重ね、をしなければなりません。

 あなたの目標は何ですか?

 私は、10の大学を卒業、200種類の資格を取得、というのを目標にしています。

 明日は「パソコン整備士2級」のCBT再受験です。

 ゴーゴーゴー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

パソコン整備士2級再受験を決意

 3月20日に「パソコン整備士2級」のCBTを再受験します。

 前回は、70点以上が合格のところ、61.3点で、不合格になりましたので、今回は合格点クリアと行きたいところです。

 土日は、のんべんだらりと暮らそうと思えば、いくらでものんべんだらりとできるわけですが、その誘惑をはねのけて勉強しようと思います。

 結果は、CBTですので、試験終了直後に出ます。

 また結果が判明したら、このブログで公表するつもりです。

 人間、やっぱり、努力ですよね。

 ゴーゴーゴー。

 なお、私の受験体験記は以下のリンク先にあります。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

ITパスポートに合格!

 本日、「ITパスポート」(国家資格)に合格した。

 合格基準点は超えていることは分かっていたが、正式に合格となり、嬉しいかぎりである。

 この資格は、ITの基本的なことをはかる試験であるし、国家資格でもあるので、どのような業種にいる人でもお勧めしたい資格である。

 もっともIT関連だけでなく、経営学などの知識もある程度必要なので、参考書などで勉強しておくといいだろう。

 これで私の保有資格数が112種類となった。

 私の資格試験の受験日誌は以下のリンク先にあります。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

 ゴーゴーゴー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

明日、ITパスポートの合否発表

 先月受験した「ITパスポート」であるが、CBTだったため、点数は試験終了後にすぐに出た。

 600点以上が合格のところ625点だったので、その場で合格にしてもらいたいところであったが、正式な合否は、1か月くらいたってから発表になる。

 問題の難易度によって合格基準点の調整があるのか否かはわからないが、もし調整がないのなら、いったい何のために1か月も発表が遅れるのかが分からない。

 あるいは、あくまで、極端に平均点に変動があるなどのときのために調整できるようにしているのかもしれないが。

 私が受けた「ITパスポート」の合否発表は明日の予定である。

 受かっていればいいのだが。

 私がこうしてIT関連の資格を目指しているのも、HPやブログを成長させて、世のため人のために役立つHP・ブログを目指したいからである。

 まだまだ私の研鑽は続く。

 ゴーゴーゴー。

 合否が判明したらこのブログで公表するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

歴史能力検定受験を視野に入れる

 私は歴史の勉強をずっと避けてきたふしがあります。

 中学校のころ、歴史の成績は中くらいでしたが、英数理がトップクラスにいたため、私の中では苦手意識が強くありました。

 しかも私の中学校は県内でもトップクラスの学校でしたので、その学校で中くらいだったら、それほど苦手意識を持つ必要もなかったのですれどね。

 しかし高校になり、2年生後半くらいから私大文系に絞り、英数国の3科目しか勉強しなくなってからは、歴史の勉強は一切しなくなり、苦手意識がさらに強まりました。

 しかし、こういう苦手意識は、大人になり、悪い方に悪い方に向かうわけですね(苦笑)。

 他人が歴史の話をしていると、自然自然と、無知がばれないように、話の輪に入らないようにしなければなりませんでした。

 いくら受験勉強をしていないからといって、高校生の勉強ですから、1年や2年勉強していないからといって、そんなに苦手意識を持つこともないのに、大人になっても、ずっと苦手意識がありました。

 そこで苦手意識を払拭するためにも、歴史能力検定をモチベーションとして、少しずつ歴史の勉強をしようと思っています。

 といっても、堅苦しい勉強ですとすぐに止めてしまう可能性があるので、マンガを中心に読んでいます。

 しかも、風呂に入っているときに、1日数ぺージていどです。

 歴史能力検定は5級から1級までの5段階あるようですので、まずは5級から始めて、2級を最終目標にしようと思っています。

 今年は夏に5級、冬に4級合格が目標です。

 歴史の勉強をするのは、苦手意識を払拭するという目標もありますが、もちろん、人間としての見識を高めるという目標もあります。

 でも、まあ、最初の頃は、見識を高めるといっても、暗記物がほとんどでしょうから、そんなにたいそうなことは考えずに、気楽にやっていこうと思います。5級に合格し、4級に合格し、3級、2級と行ったときには、ちょっとした歴史通になっているかもしれませんし。

 日々、努力ですね。

 ゴーゴーゴー。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

学問と資格試験の違い

 こんにちは、資格王・学位王の宮崎伸治です。

 資格試験に向けて勉強するのと、学位を目指して勉強するのとは、共通する部分も多いですが、異なる部分もあります。

 資格試験に向けて勉強する場合、たいていは、いかに点数を取るかが主たる目的になっていますし、資格試験のほとんどは客観式です。記述式といっても、用語を記述させる程度のことで、論述問題というのは極めて少ないでしょう。

 したがって、資格試験に向けた勉強は、基本的にいかに沢山のことを覚えるかが焦点になる場合が多いのです。

 その点、学位を目指して勉強する場合、事情が異なります。まず試験はほとんどが論述問題で、たくさんのことを覚えているかどうかというよりも、むしろ、どう考えるかが問われる問題のほうが多いわけです。

 したがって、勉強方法にしても、テキストや参考書を読んで考えることが中心で、思考能力は磨かれるし、文章力も磨かれます。

 私は数多くの資格試験に合格してきていますが、はっきり言いますと、学位を向けて勉強するほうが好きです。つまり、レポートを書いたり、論述試験のためにテキストや参考書を読んで考えをまとめたりすることのほうが、資格試験用に暗記するものを詰め込むといったことより好きなのです。

 私のブログをご覧になっている方も、資格試験にチャレンジしている人は多いでしょう。資格試験にチャレンジすること自体は悪いことではないし、私自身これからもチャレンジしていくのでそれはそれでいいのですが、大学の通信教育などを活用して大学の学位を目指すこともお勧めしたいと思います。

 社会人でも通信教育であれば学問は可能ですし、科目履修生という手を使えば、1科目からでも履修できる場合もあるようです。もっとも、学位を目指したほうが、大きな目標がもててやる気がでると思いますけれど。

 通信制の大学で学ぶことに関心のある方は、以下のリンク先に飛んで行ってみてください。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/correspondence.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

英単語検定1級に合格

 「英単語検定1級」の合格発表があった。

 合格していた。

 自己採点で75点だったので、おそらく合格しているとは思っていたが、正式に合格していることが分かり、喜びもひとしおである。

 これで私の資格保有数が111種類となった。

 私は、理性を磨くことは、人間にとっての義務だと思っている。

 もちろん理性を磨くだけでは人間として立派に生きたということにはならないが、理性を磨くことは常に心がけておかなければならない人間の義務であることには違いはない、と思う。

 そして、ありがたいことに、日本には数多くの検定試験が存在するので、理性を磨くための手段として検定試験に挑戦するのも悪くはないと思う。

 まあ、たいそうなことは抜きにしても、英語を学習する人にとっては、この英単語検定というのは受検しやすい。

 なにしろ、単語だけなので、受験時間が短いのがいい。

 わずか45分である。

 1級はそうとうの難関なので、英語に自信のある人は、挑戦してみることをお勧めしたい。

 受験体験記などは以下のリンク先にありますので、興味のある人は参考にしてください。

 http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

TOEIC SW受験

 本日、「TOEIC SW」を受験してきました。

 受験体験記は、以下のリンク先に飛んで行ってみてください。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

 80分と短い試験でしたので、また機会を作って受けてみたいと思います。今日は初めての受験ということもあり、慣れていなかったため、どのていど点数が出ているか分かりません。

 さて、そんなことよりも、今、私が気にしているのは、3月12日に発表になる「英単語検定1級」の結果です。

 70%ていどで合格とされていますが、私の自己採点では75点でしたので、合否が気になるところです。

 合否が判明したら、またこのブログで公表したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

TOEIC SW を受験します

 「TOEIC SW」という新しい英語の検定試験があります。

 SWは、スピーキング・ライティングという意味です。

 私は、今更、英語の実力を計る必要性はないといえばないのですが、どのような検定試験かを自分で体験し、みなさんにお教えするためにも、受けてみようと思います。

 幸い、3月11日の申込みに、キャンセルが出たようで、追加申込みが可能でしたので、受験の申込みができました。

 12000円というのが少し高いですが、試験時間が80分くらいで終わるようなので、受けやすい試験ではあります。

 どのような検定試験だったかという感想はまた後日報告します。

 ゴーゴーゴー。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

ゴーゴーゴー

 ゴーゴーゴー。

 自分の目標をもって、それに向かってゴーゴーゴー。

 今の私は「パソコン整備士2級」の合格に向けて、がんばっています。

 日々、努力ですね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

前進しよう!

 くよくよ悩んでいる暇があったら、ゴーゴーゴー。

 なんでも努力していると、少しずつでも結果が出てくる。

 私の場合、最近、抜け毛が止まった。食生活をガラリを変えてから4ヶ月で、抜け毛がとまり、あとは髪の毛が生えてくるのが楽しみだ。

 ゴーゴーゴー。

 試験にしても、何度か落ちていた試験が合格すると嬉しいだろう?

 努力していれば、結果は徐々についてくる。

 それを信じよう。

 ゴーゴーゴー。

 私の現在の資格取得数は110種類。

 これを今年中に最低115種類以上にするつもりである。

 ちなみに私の受験体験記は以下のリンク先にあります。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

パソコン整備士2級の再受験を決意

 先月、「パソコン整備士2級」のCBTを受験しましたが、70点以上が合格のところ、61.3点で不合格でした。

 あと8.7点ですので、頑張れば、次回合格できると思います。

 ということで、頑張って受験しようと思います。

 この試験のいいところは、IT関連資格には珍しく、6300円と受験料が安いことです。

 他のIT資格は2万円以上もするものもあり、なかなか受けにくいのですが、6300円なら、1ヶ月に1回くらい挑戦し続けてもそれほど金銭的に痛くはありません。

 あと、もう一ついいのは、CBTで受験できるので、試験日に合否が判明することです。

 通っているのか滑っているのかと迷う宙ぶらりんな期間がないので、ストレスも少なくていいです。

 私がこの資格を目指すのは、最終的には、より良いHP,より良いブログを目指す上で、パソコンの知識は必須だからです。

 より良いHP,より良いブログを目指すというのが最終目標です。

 今後もさまざまな資格に挑戦して、自分を磨いていこうと思います。

 私の資格試験の挑戦記は以下のリンク先にあります。参考にして頂ければ幸いです。

http://homepage3.nifty.com/MIYAZAKI/certificate.htm

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

抜け毛が止まった

 私は昨年の秋ごろから、髪の毛が薄くなっているのに気づき、驚きました。

 頭のてっぺんあたりが、うっすら頭皮が見えているのです。

 さっそく、毛髪クリニックの「リーブ21」に足を運んだのですが、理想の髪の毛になるまで2年かかるといわれました。

 それからすぐに施術を始めました。

 食事の指導も受けました。

 4か月半たちました。

 昨日、「リーブ21」に行くと、洗髪時の抜け毛が8本。

 最初は、洗髪時の抜け毛は200本近くあり、150本くらいになり、100本くらいになり、60本になり、40本になり、そして昨日は8本。

 これには感激しました。

 抜け毛がとうとう止まったのです。

 あとは、生えてくるのをじっと待つだけです。

 どうやら、あと1、2か月くらいで、理想の髪に近づけると思います。

 なんでも努力ですね。

 ちなみに、私の食事は、「まごわやさしい」を中心にしています。

 ま・・・まめ

 ご・・・ごま

 わ・・・わかめ

 や・・・やさい

  さ・・・さかな

 し・・・しいたけ

 い・・・いも

 なんでも努力です。

 ゴーゴーゴー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

DVDは今やネットで借りる時代

 私は英語の勉強もかねて、よく洋画のDVDを借りてみるのですが、今まではその都度、レンタルショップに借りに行っていました。

 しかし、レンタルショップで、借りたいDVDを探すのって、けっこう時間がかかりませんか?

 20分くらい、どれを借りようかとあれこれ迷って、けっきょく何も借りずに帰ったという経験はありませんか?

 また、返しに行くのも面倒ですよね?

 ところが、ネットで借りると、実に便利。

 まず、自分の家でパソコンでじっくりと探せますし、検索エンジンも使えるので、借りたいものが比較的早く見つけることができます。

 レンタルショップに行っても、借りるか借りないかの判断はパッケージくらいでしょう? しかし、ネット上の情報も同じなんですね。いや、それ以上に利用者の評価などもありますので、情報量は多いくらいです。

 しかも、料金も、月額料金にしておけば、むしろ安くなるくらいです。

 さらにさらに、月額料金にしておけば、レンタル日数に制限がないのもいいですね。2週間でも3週間でも借りていて、延滞料金はかからないのです。(ただ、次の作品が借りることができないというだけの話なのです)。

 私は、月額料金980円のに入りましたが、これで月4枚まで借りることができます。

 5枚以上になれば、その都度、余分に支払うこともできますし、とにかく実に便利です。

 いや~、一回、利用してみたら、もう、ネットで借りるほうが断然楽です。

 英語の勉強にもなるわけですから、安いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »