« ドイツ語検定からフランス語検定へ変更 | トップページ | 全力でぶつかって50%以上合格可能性のあるものを目指す »

2013年9月 6日 (金)

哲学を勉強してよかったと思うこと

 私は慶應大学(といっても通信教育課程ですけれど)時代に哲学を専攻しました。

 哲学って、一見すると、何にも役にも立たないと思う人が多いのではないでしょうか。

 でも、人間って何のために生きているのかとか、人間の幸せって何なのか、といった根本的なことをとことん突き詰めて考えた人と、金もうけがすべてだと金もうけにばかり奔走しながら生きるのと、最終的にどちらか幸せになれると思います?

 先日も、天才歌手といわれたFさんが自殺をしましたよね。あれだけ才能に恵まれ、金も地位も名誉もあり、子供も天才歌手で、なんで自殺を? と思いませんか?

 結局のところ、金も、地位も、名誉も、人を幸せを保証してくれないんですね。

 金がないのは困るでしょう。それは私もそう思います。金がないことほどみじめなものはない。それはまあ、ほとんどの人が認めることではないでしょうか。

 でも、ある程度の金があれば、あとは、結局のところ、人間性を高めることが幸せにつながるのであって、それ以外の何か(金、地位、名誉)が人を幸せを保証してくれることなどないと思うのですよね。つまり、金がたくさんあったとしても、幸せになれるかどうかはあまり関係ない。

 慶應大学時代にそんなことを考えつつ勉強していたものですから、卒業後は、すぐにロンドン大学の哲学部(遠隔教育)に入りました。

 どうやったら幸せになれるかとことん考えたかったからです。

 ロンドン大学では、英語で哲学を学び、さらに人間の幸せって何なのかということを考えていましたね。

 そして、今は、ロンドン大学神学部(遠隔教育)で神学の勉強です。

 幸せになるには、金儲けのことを考えるより、哲学や神学の勉強をしたほうがよほどいいと思うのですね。

 哲学の勉強って楽しいと思いますよ。

 人を幸せにする学問分野といっていいような気がしますね。

|

« ドイツ語検定からフランス語検定へ変更 | トップページ | 全力でぶつかって50%以上合格可能性のあるものを目指す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/58137005

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学を勉強してよかったと思うこと:

» 奴隷の穴 | 消費者詐欺被害センター [奴隷の穴 | 消費者詐欺被害センター]
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! [続きを読む]

受信: 2013年9月13日 (金) 00時49分

« ドイツ語検定からフランス語検定へ変更 | トップページ | 全力でぶつかって50%以上合格可能性のあるものを目指す »