« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

雑誌のインタビュー

 私は、以前、「資格王」などという理由で雑誌やラジオのインタビューを受けることがけっこう頻繁にあった時期がありました。

 多いときは、2、3ヶ月に1回くらいのペースでした。

 ここのところ、しばらくはインタビューの依頼がなかったのですが、昨日、久しぶりに某雑誌のインタビューを受けました。

 お話ししたのは、語学勉強法と資格勉強法について。

 私は頭がいいというつもりは全くありませんが、少なくとも長い間、勉強は続けていますし、資格試験の受験経験も山のようにあることだけは事実です(もちろん、落ちた経験も山のようにありますけど)。

 ということで、インタビューを受けました。

 実際に載ったらまたこのブログでご紹介します。

 一応、私の写真入りの予定です。

 私でお役に立てることがありましたら、喜んでインタビューに乗りますので、このブログをご覧のマスコミ各社のみなさん、インタビューをご希望の場合は、私の公式HPから、メールをいただければ幸いでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

仏検準2級を目指して

 今年6月に仏検準2級を受ける予定です。

 まったくのゼロから独学で始めたフランス語。

 一切、だれからも教わっておらず、しかも、すべて独学で準2級突破できるか。

 準2級には面接試験もありますが、なんとか突破したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

歴史能力検定4級に合格

 昨日、歴史能力検定4級の合格証が来た。

 4級は中学卒業レベルとなっているので、合格は難しいわけではない。

 私の場合、日本史の勉強は大人になってから一切やっていなかったので、この検定をモチベーションとしておもにマンガでおさらいをした。中学の歴史の教科書も一応、入手して一通りはよんだ。

 来年は準3級にチャレンジしたい。

 昨年はこの歴史能力検定と同時に世界遺産検定2級の勉強をし、そちらのほうも合格した。

 難易度的にはどちらも同じ程度かな。

 ただし、歴史能力検定のほうは、範囲が広いし、勉強していて、いろいろと考えさせられることが多いので、好きだ。

 世界遺産検定は2級まででとりあえずはストップしようと思うが、歴史能力検定のほうは最終的には2級まで進みたいと思っている。

 これらの検定は、あくまで趣味として勉強しているのだが、こうして勉強することで興味が広がる点はいいと思う。

 勉強していて興味が広がり、昨年末は、姫路城を見てきた。歴史的知識が多少あれば、こうした歴史的建造物にも興味が湧いてくるというものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

イエス・キリストは実在したのか

 聖書を勉強する毎日である。

 毎日勉強していて、だんだん聖書に詳しくなってはいるが、イエス・キリストは実在していたのか、本当に死後に復活したのか、聖母マリアは本当に処女なのにイエスを身ごもったのか、イエスが起こした数々の奇跡は本当のことか、という疑問は残ったままである。

 クリスチャンは、みんながみんな、こうしたことを真実だと信じているのだろうが。

 信じるとしたら、その根拠は何だろうか。

 福音書に記載されている、というのは、たしかに有力な根拠にはなるが、決定打とはならないと思う。

 それにしても、世界の3分の1の人がクリスチャンであるから、相当なものである。

 最近、スタディバイブルといって、単なる聖書ではなく、解説付、図解付の聖書を買った。

 1万円もしたが、読み応えは十分ある。

 聖書の研究は、すればするほど面白くなる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

私がソフィアを設立したわけ

 私は昨年冬、ソフィア・外国語研究協会を設立した。

 まだ、設立して間もないのでヨチヨチ歩きといったところであるが、設立した経緯をお話ししたい。

 私は昨年冬、札幌の図書館でロンドン大学の最終試験へ向けての勉強に励んでいた。

 英検1級など多くの英語関連資格を取得しているにも関わらず、いまだに知らない単語が多いのに気づかされた。

 そう、英語学習者にとって、「語彙はここまでやればいい」という終着点などないのだ、ということに気付いたのである。

 そしてもう一点気づいたのは、英語ができるということは素晴らしい知的な世界を手に入れるということだということだった。

 今、聖書を勉強していて特にそう思う。

 日本では、過去の歴史をさかのぼっても、クリスチャンが国民の1%を超えた時代は一度もない。

 しかし、アメリカは国民の8割がクリスチャンである。

 どういうことかわかるだろうか?

 キリスト教を勉強しようと思えば、英語ができたほうが断然有利だということである。

 もちろん、日本語を通してでもキリスト教は勉強できる。

 しかし、英語ができれば、英語ができない人とは比べようもないほど、有利になるのである。

 これはキリスト教だけにとどまらない。

 私がロンドン大学哲学部時代にも感じたことであるが、ある分野においては、日本語で書かれた書籍は非常に限られている。英語ができなければ、その分野の勉強がほとんど不可能とも思えるほどである。

 こういう経験を通して、英語ができれば、英語ができない人が味わえないような知的世界が手に入るという信念が生まれてきたのである。

 特に、今はインターネットの時代である。

 YouTubeを利用すれば、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドのテレビ番組も無料で見ることができる。

 いや、それだけではない。

 英米の一流大学の講義すら受講できてしまうのである。

 私は、ソフィア・外国語研究協会を通して、ひとりでも多くの人に外国語を習得するモチベーションを与えていきたいとおもう。

 それが私の余生におけるミッションだと感じているのである。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

聖書を読む日々

 最近の私は、毎日、聖書を読んでいる。

 人生、生きていると、次から次へと悩み事が出てくる。

 悩み事から完全に解放されるということはなく、大きな悩み事が解決したと思ったら、またまた悩み事が出てくる。

 この繰り返しではないだろうか。

 その悩み事にどう対処したらいいか。

 あなたはどう対処しているだろうか。

 自分の欲で動くと、当然、よからぬ方向に進んでしまう場合が多いだろう。

 どう対処したらいいか分からず、決断を保留してしまうこともあろう。しかし、決断を保留するということは、「決断を保留する」という決断を下しているのと同じで、よからぬ方向に進んでしまう場合が多いだろう。

 聖書は一般に神の言葉だと言われている。

 そのすべてがすべて文字通り解釈していいというわけではないだろうが、大いに参考になるところがあるのも事実である。

 聖書をよりどころにして生きると、人生、変わる。

 この世における最も重要な書物といっても過言ではないだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

賀詞交換会の感想

 賀詞交換会に出席した。

 ビジネス起業塾で知り合った女性と一緒に参加した。

 賀詞交換会は、生まれて初めての経験であった。

 講演会と立食パーティーの2部構成だった。

 立食パーティーは豪華な料理がたくさん出て、大満足。

 立食パーティーでは、多くの会社の社長と名刺を交換させていただいた。

 初対面だし、それほど深い話はできないが、まあ、名刺交換だけでもしておくのも悪くはないだろう。

 立食パーティーなので、バイキング形式で食べ放題食べられる。

 今、ダイエット中なのだが、ついつい食べ過ぎてしまった。

 また今日からダイエット再開である。

 学問・勉強のほうは、コツコツと毎日続けている。

 今は、新約聖書とフランス語の勉強に熱中している。

 ソフィア・外国語研究協会の成長を第一に考えているため、学問・勉強は控えめにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

賀詞交換会

 昨年通っていたビジネス起業塾で知り合った人から、賀詞交換会に誘われたので、行ってみることにした。

 賀詞交換会に出席するには生まれて初めてである。

 私は、作家・翻訳家として、ずっと一匹狼的にひとりで仕事をし続けてきたので、知り合いは多くない。

 しかし、今後、ソフィア・外国語研究協会を発展させていくには、多くの人の協力も必要になってくる。

 そこで、賀詞交換会に出席し、手と手を組んでやっていけそうな人と知り合っておくのもいいと思う。

 賀詞交換会自体、どのようなものかわからないのであるが、おそらく講演と立食パーティみたいなものがあるのだろう。

 いい出会いがあればいいのだが…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

仏検準2級を視野に

 フランス語は昨年、急に思い立って勉強をし始め、春に仏検4級合格、秋に仏検3級合格しました。

 今も、コツコツと勉強を継続しています。

 今年6月に仏検準2級を受けるつもりです。

 今はまだ実力不足ですが、なんとか合格できるレベルまで行きたいと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

聖書は神の言葉?

 聖書を読む毎日です。

 少しずつですが勉強していると、だんだん聖書の興味深さに気づかされます。

 さて、聖書は、よく、神の言葉が記されたものだと言いますよね。

 聖書では、結婚について、こう記載されている箇所があります。

要するに、相手の娘と結婚する人はそれで差し支えありませんが、結婚しない人のほうがもっとよいのです」(コリントの信徒への手紙1)

 世間一般では、結婚できた人を「勝ち組」、結婚できない人を「負け組」とよく言われていますよね。

 でも、聖書では、「結婚しない人のほうがもっとよい」とされていて、むしろ、結婚しない人のほうが「勝ち組」のように書かれています。まあ、無理に勝ち負けなんて決めなくてもいいとは思いますが。

 私は結婚を否定しているわけではありませんし、聖書にも「結婚しても差し支えありません」とあるので、結婚したければしてもいいとは思いますが、「結婚しない人のほうがもっとよい」と書かれてあるので、結婚できずにグジグジ悩んでいる人がいたら、悩む必要はない、と声をかけてあげたいですね。

 結婚できないことで悩む必要なんてないです。

 聖書は神の言葉だと言われていますよね。それをどこまで信じるかは本人しだいですが、読むと読まないとでは、人生、変わってくるだろうとは思いますね。

 みなさんは、聖書、読んでいますか。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

ゼロ・グラビティ

 映画『ゼロ・グラビティ』は凄い。

 凄い、凄い、凄い。

 何がどう凄いかといえば、もう、映画の中に入り込んでしまうくらい凄いのである。

 今までも3D映画はあったが、スケールが違う。

 まさに、自分自身が映画の中の主人公になった気分を味わうことができる。

 宇宙の空間に投げ出されたら、いったいどんな感じになるのかが実感できる。

 映画ではあるが、映画というより、アトラクションのような感じだ。

 私は、3Dでも、IMAXの3Dで見たので、迫力が凄かった。

 3D映画の歴史を変えたといっても過言ではない作品だ。

 英語学習者のみなさんには、英語の勉強にもなるので、一石二鳥ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。

 みなさんの今年の目標は何ですか。

 私は、ソフィア・外国語研究協会を発展させることが第一の目標ですが、学問や勉強も続けていきます。

 資格に関しては、仏検準2級、独検準1級、日商簿記検定3級、歴史能力検定準3級などを受ける予定です。

 みなさん、お互い自分の目標に向けてがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »