« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

「歴史能力検定準3級」受験

 2014年11月30日、「歴史能力検定準3級」に初挑戦した。

 会場は昨年同様、早稲田大学である。かつての憧れの大学でもある。

 私は中学・高校時代、英・数・理は得意であったが、社会、特に歴史は苦手中の苦手であった。まったく興味がなかったので勉強しなかったし、だから点数も取れなかった。

 
 といっても中学時代は平均点くらいは取っていたのだが、苦手意識が強かったため、高校時代は大学受験で歴史は選択しないことに決め、大人になってから勉強することはなく、歴史物の映画や小説も一切触れなかったため、歴史的知識は増えないままであった。

 そういう歴史の苦手意識を払拭するために「歴史能力検定」を受け始めたのだが、一昨年は5級、昨年は4級に一発合格した。もっとも5級も4級もレベルが低いので合格するのが当たり前ではあるが。

 5級も4級も受験生は小学生ばっかりだったが、準3級になると大人もところどころ混じっていた。割合にすれば1割程度か。もしかすると私が最高齢かも知れない。

 問題は思ったより難しかった。4級が中学レベル、3級が高校レベルで準3級はその中間である。私は中学生用のテキストを中心に勉強したのだが、それだけでは高得点は難しいだろう。

 およそ60%以上の正答率で合格らしいが、私は自己採点で54%だった。仮に合格基準点が下がったとしても、私の今回の点では不合格だろう。問題集も一切やらずに受けたこともあり、ケアレスミスが多かった。

 準3級に向けて中学生用のテキストを勉強したおかげで多少なりとも苦手意識は払拭してきているが、来年は余裕の合格を目指して再出発しようと思う。

 もっとも、別に合否は気にしていない。歴史に少しでも興味がもてればということで勉強しただけなので、年号を覚えたり、将軍の名前を覚えたりといった「点数を取る勉強」はしていない。まあ、とはいえ、3級くらいまではいきたいとは思うが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

745グラムのパソコン

 慶應大学(通信課程)在学中、私は、毎日毎日、慶應大学の図書館に通って勉強していた。

 通信課程といっても、授業もたまにあるので、授業のある日はもちろん大学に通うわけだが、授業のない日も、大量のレポートやら卒論やら書かなければならないわけで、それを自宅でやるというのは無謀だ。やはり、図書館に行ってやるのが正解だ。

 ということで、なにがなんでも慶應大学を卒業してやるぞと思っていた私は、最初の2年間は図書館の開いている日は毎日行っていた。

 当時は日曜日も開いていたので、おそらく年間で330日くらいは行っていたと思う。休みはほとんどなかったくらいだ。会社員顔負けの通学ぶり、といってもいいかもしれない。なにしろ暴風雨のときも行っていたくらいだ。風邪をひいても行っていた。

 その当時、私が毎日持ち運びしていたのが1199gのノートパソコンだ。

 これにアダプターが付くので、合計すれば1400gくらいにはなったろう。

 よくまあ、毎日、重たいものを肩にかけて運んでいたものだ。

 先日、レッツノートという軽いパソコンを見た。

 なんと745gである。

 アダプターを入れても1キロを切るだろう。

 これは軽い。

 今私が使っているポメラは500gだが、これは短い文章をメモとして書くのはいいが、やはりパソコンにはかなわない。

 ということで、745gのレッツノートを買いたくなった。

 だが、20万円の出費となる。

 う~む。

 もう少し安くならないか。

 でも、思えば、今使っているノートパソコンも10年使った。

 思えば、よく使ったものだ。

 そろそろ変え時か。

 745gだと肩にもよさそうだし。

 これを使って、モーパッサン並みに短編小説が書ければいいのだけれど…。

続きを読む "745グラムのパソコン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

歴史能力検定受験直前

 次の日曜日に「歴史能力検定準3級」を受ける。

 今年最後の受験となりそうだ。

 基本的には中学生用の教科書とマンガを読んでいるだけだが、中学生用の教科書でもけっこう知らないことがあるし、すべてを覚えきるのは大変だ。

 歴史は、ほとんど趣味で勉強しているので、合否は気にしていない。

 今年準3級に合格すれば、来年は、「世界史3級」を受験してみたいと思っている。

 今、せっかくフランス語やドイツ語を勉強しているので、世界の歴史を知っておくと、理解も深まるというものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

投資信託の基準価格が…

 ここのところ、投資信託の基準価格が驚くほど上がっている。

 私は10年、投資信託にかけているが、一時期、サブプライムローンの問題で基準価格が恐ろしく下落したことがあった。

 私はその時も平常心だった。

 ずっとかけていれば、いずれはまた上がると思っていたからだ。

 おそらく、恐れて解約した人も多かったと思うが、私はそのままにしておいた。

 それが、今、驚くほど上昇中。

 投資は、やはり根気が必要だと思う。

 欲を出して、「儲けてやろう」という気持ちが強ければ強いほど、損をしがちになろう。

 私は、毎月分配金型の投資信託にかけているので、毎月、分配金を受け取りながら、その間、学問や勉強に励める。

 ありがたいシステムである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

国際交流パーティで知り合った人

 先日、生まれて初めて、国際交流パーティに参加した。

 100人近くが立ち話をする、という形式だ。

 外国人は多く見積もっても3割程度だった。

 ということで、話をしたのは外国人1人をのぞけば、全員日本人、しかも、みな男性だった。

「よく、こういうパーティ、こられるんですか」

「けっこう、人数、多いんですね」

「お仕事は、外国語に関連しているんですか」

 など、他愛のない会話が続いた。

 それはそれで良かったのだが、ある男性が、私に携帯電話の番号を聞いてきた。

 まあ、一応、何かあったとき、ということで電話番号を教えておいた。

 電話がかかってくることはないと思っていた。

 ところが先日、その男性から電話があり、「今日、時間あいていますか。お会いしませんか」と聞いてきた。

 日本人と外国人が会うというのならわかる。

 男と女で会うというのならまだわからないでもない。

 しかし、男が男に会うって、何が目的だったのだろう?

 10分ていど立ち話をしただけで、何をしている人かもわからないのに、何を目的で会いたがっているのか、よくわからなかった。

 「今日は用事があるので…」

 と断ったら、「では、次の土日は空いていますか?」とくる。

 「次の土日は予定が入っているので…。またどこかの国際交流パーティでお会いしたらお話ししましょう」といって切った。

 国際交流パーティなのに、日本人、しかも男性を目当てに来ている男性もいるのかな? と思うのであった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本史の勉強

 この歳になって日本史の勉強をしている。

 基本的には、学習漫画や中学生のテキストを読んでいるが、だんだん記憶に定着している。

 今月末、歴史能力検定試験の準3級を受けるが、趣味的に受けているので合否はあまり気にしていない。合格するまで受けようと思う。

 つくづく思うが、大学入試で日本史を選択すると大変だなと思う。覚えることが山のようにあるからだ。準3級は大学入試レベルに達していないが、それでも覚えることが山にある。

 その点、数学は覚えることが少ない。数学的センスだけでやっていけるようなところがある。

 どっちが努力がいるか。

 日本史のほうが大変な気がする。

 とはいえ、日本史の勉強をしてきたおかげで日本の文化にも興味が湧いてきた。

 今まで旅行するときに、歴史的な建造物を見ようという気はなかったが、歴史を勉強していると、興味を覚えることがある。

 尊敬する人の中に、鑑真がいる。

 唐招提寺を建てた人だ。機会があれば奈良に旅行に行ってみたい気もする。

 

続きを読む "日本史の勉強"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

フランス語の勉強

 フランス語の勉強を始めて1年半になる。

 仏検準2級の1次試験合格まではいった。

 でも、私にとって大きかったのは、対訳本を読めるようになったことである。

 すでに15冊くらいは対訳本を読んでいる。

 モーパッサンの短編などは非常に興味深く、フランス語を勉強していて良かったとつくづく思う。

 資格試験合格だけが目的ではないが、仏検2級合格、あるいは、準1級合格まで行ければいいと思っている。

 今は、コツコツと対訳本を読み続ける日々である。

続きを読む "フランス語の勉強"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

日商簿記3級受験体験記

 2014年11月16日、日商簿記3級に初挑戦した。

 4級は2週間の勉強で98点でラクラク合格。

 4級があまりに簡単だったので、3級も軽く考えていたところもあり、正味2週間くらいしか勉強せずに受けることとなった。

 受験数日前から、「ちょっと練習不足かな、これは合格できそうにないな」と思うようになり、今回は「予行演習」のつもりで受けようと思うようになった。

 3日くらい前から、焦りが大きくなり、受験するのを棄権しようかとも思ったが、「予行演習」をしておくのも悪くないと思い、受験会場に向かった。

 受験会場は、明大前の明治大学。

 4級のときは受験生が少なかったが、3級は莫大な人が受けてきていた。まあ、ほとんどの人は3級から受験するからだろう。4級があることを知らない人すらいるくらいだ。

 見たところ7割くらいは男性だった。若い人が多かった。

 試験時間は2時間。

 開始30分以降は退室できる。

 30分たったところで私の隣の女性が退室したのは驚いた。

 「これ全部、30分で解いたのか?」と驚いた。

 しかし、その後退室する人はほとんどいなかった。やはり、急いでやったとしても、3級の問題だと2時間近くはかかるだろう。

 試験が終わると、驚くことに、各種予備校が「模範解答の速報」なるものを配っていた。すべての問題ではなく、1問だけだけど、たしかに今日受けた試験の回答の速報だった。

 これで謎が分かった。

 30分で退室したのは、きっと予備校の関係者だろう。

 彼女は1問だけ解いて、その答えを問題用紙に記入し、退室後、大急ぎで「模範回答の速報」をプリントアウトし、みんなが退室するまでにビラを作成したのだろう。

 こういう風にして、予備校もパンフレットを受け取ってもらえるよう、企業努力しているのだな、ということが分かった。

 さて、肝心の私の出来であるが、今回は「予行演習」で受けたので、最初から合格しようという気持ちはなかったこともあり、気楽に受けた。

 本当に気楽に受けた。試験前日も緊張しなかったし、当日も、まるで遠足に出かけるような感じで家を出た。

 合格基準点が70点らしいが、どういう配点になっているかが分からないので採点もできない。50~60点くらいはあるかなと思うけれど、合格点に達している自信はない。

 でも、今回、こうして簿記の勉強をしたおかげで、簿記の専門用語も慣れてきたし、財務諸表の見方にも慣れた

 私としては、こちらのほうの収穫のほうが大きい。

 経理マンになる予定のない人でも、財務諸表は読めるようになって損はないだろう。企業の経営状態を見るには、なんといっても財務諸表が一番の目安となるからだ。

 次回は来年の2月に試験日がある。

 今回落ちていれば、2月に再受験しようと思う。

 今回は「予行演習」的な意味しかなかったと思うが、しかし次回受験のことを考えると「予行演習」をしていて良かったと思った。

 ネット上では、おそらく模範回答が掲載されているだろうが、回答を問題用紙に書き写さなかったので、特に自己採点もする予定はない。

 12月下旬には試験結果が判明するようなので、それまでは、次なる検定「歴史能力検定準3級」の勉強に集中しようと思う。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

来年の花粉症

 私は40年近く花粉症に悩まされている。

 来年の春のスギの量は多くなるらしい。

 今月から、私はスギ花粉症を完治させる薬「シダトレン」を服用している。

 3年くらいは毎日飲まなければならないようだが、来年の春にどれだけ効果が出るか。

 少しくらいは改善してくれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

投資信託の見分け方

 私は10年前から投資信託にかけている。

 私が投資信託にかけている理由は、お金に振り回されず、しずかに生きたいからである。

 具体的には学問や勉強をしたいからである。

 であるから、金をとことん稼いでやろうという投機目的ではない。

 金もうけが主眼でなければ、投資信託ほどいい投資はないと思う。

 なにしろ、一回かけておけば、あとは放置しておくだけで毎月分配金が入ってくるからだ。

 家賃と同じように毎月入ってくる。

 しかも、実際に不動産物件を持つのと違い、住居人とのトラブルなどはない。空室リスクもないし、修理代がかかることもない。

 10年も投資信託をやっていると、どういう投資信託がいいかが分かってくる。

 私は今、22銘柄の投資信託にかけている。

 昔投資したもので、「失敗だったな」と思うものも2、3あるが、ほとんどは成功していると思っている。

 さらに、追加投資のタイミングや、追加するときの銘柄選びも自分のスタイルが分かってきた。

 投資スタイルは人それぞれなので、100点満点の正解はない。

 しかし、放置しっぱなしのほうがいいという人向けには、次のような投資信託がいいのではないかと思う。

 1、無期限のものを選ぶ

 2、総資産が高めのものを選ぶ

 3、いろいろな種類の投資信託にバランスよくかける

 できれば、分配金が高めのものがいいが、分配金だけではなく、上記の3つのポイントも考慮して決めたほうがいいだろう。

 私は余裕資金があれば、すぐに投資信託にかける。

 するとさらに分配金が増す。

 するとさらに投資信託にかけられる。

 この循環を繰り返していこうと思っている。

 何度もいうようだが、私がこうして投資を続けるのも、平穏な人生を歩みたいからであり、金儲けが主体となっているわけではない。

 株と比べれば、遥かにリスクが少ない投資信託は、ミドルリスク、ミドルリターンの商品といえよう。

 

続きを読む "投資信託の見分け方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

日商簿記3級受験直前

 次の日曜日に日商簿記3級に初挑戦する。

 4級は2週間の勉強で98点取ったので、軽く考えていたところもあって、2週間くらい前から本格的に取り組み始めたのだが、まだまだ練習不足だ。

 仕訳はほぼ完ぺきにできるようになったものの、それだけでは合格点には到底及ばない。

 ただ、この試験を受ける理由は、将来、法人化を考えているので、簿記のこともある程度理解しておいたほうがいいだろう、と思ったからで、経理マンになろうと思っているわけではないので、合否にはこだわらない。

 むしろ、今回落ちたとしても、次回の来年2月の試験で合格してもいいと思っている。

 結局、大切なことは、簿記のことが分かるようになることであって、単に試験に合格することではない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

ノートパソコン購入を検討

 私は20代後半くらいから様々な雑誌に書くようになった。

 初めて連載を貰ったのは、イギリスの大学院留学中の30才のときだった。

 原稿料をもらってエッセーを書いていた。

 書くのが好きで好きでたまらなかった。

 ただ、30代の10年間で50冊以上の本を出してしまって、すべて出し切ってしまった感があった。

 40代からは学問に専念し、複数の大学を出た。金沢工大、慶應、日本、ロンドン大と4つの大学を出た。

 今、また書きたいという衝動が湧いてきた。

 日本大学時代に、pomeraというワープロ機能がついたメモ帳に出会って、たいそう気に入って、それでレポートを書いていた。

 しかし、pomeraは、長い文章を書くのは合っていないように思う。というのも、マウスがないので、スクリーンを自由自在に操ることができないからだ。

 今持っているモバイルパソコンは1.2キロ。それにアダプターが200gくらいあるから、持ち運ぶのはちょっとしんどい。持ち運べないことはないが、長時間の持ち運びはやはり疲れる。しかも、WindowsXPだから、メールの受送信にも難がある。

 ということで、今、新しいモバイルパソコンか、タブレットかの購入を考えている。

 旅行先でも持ち運んでメールのチェックもしようと思えば、モバイルパソコンのほうがいいのかなと思う。

 今は技術も進歩したもので、800gを割る軽いモバイルパソコンも登場している。

 もう少し考えてみよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

簿記の勉強

 私は日本大学商学部(通信)を出ているのだが、簿記は必須科目ではなかったので、取らなかった。

 どうも簿記は独学に向いてなさそうだったし、単位が簡単に取れるほかの科目で単位を積み重ねたほうが早く卒業できそうだったので、簿記は取らなかった。

 今、日商簿記3級に向けて勉強中だが、簿記はやはり勉強しておいたほうがいい、と思うようになった。

 取引をするとき、相手の会社の経営状態を知るには、ズバリ財務諸表を見ればわかる。

 しかし、その財務諸表の見方が分からなければ、チンプンカンプンだ。

 簿記の勉強をしておけば、財務諸表が読めるようになるから、相手の会社の状態が分かる。

 昨年、ビジネス起業塾に通っていたとき、中小企業診断士の先生に聞いた話であるが、取引先の会社に財務諸表を見せてくれと言っても、失礼には当たらないとのこと。

 当然、大きな契約をする際は、見せてもらったほうが身のためでもある。

 私も出版社とは何度かトラブルになったこともあるが、事前に財務諸表を見せてもらっていれば、無用なトラブルも避けれたかもしれない。

 以前、私が日商簿記4級の勉強をしているといったら、「そんな社会の役に立たない資格を取っても意味はない」といって私を非難した人がいたが、4級の基礎を身に着けたうえで3級の勉強するとスムースに行くというものである。

 私が視野に入れている法人は大きな組織を目指しているわけではないので、3級合格まででいいと思うが、直接経理に携わらない人も、簿記は勉強していて損はないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

シダトレンを入手

 今日、やっとのことで、スギ花粉症を完治させてくれる薬、シダトレンを手に入れることができた。

 血液検査の結果、私の場合、スギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキにアレルギーがあることが分かった。

 驚くのは、シラカンバには強烈なアレルギーがあることだ。

 本州にはシラカンバは少ないのか、あまり意識したことはなかった。

 スギとヒノキにもアレルギーがあるが、16年前の検査と比べると、数値は低くなっていた。

 3月には北海道に逃げていることもあり、症状が緩和されてきたのかな?

 それにしても、医学の進歩はありがたいものだ。

 今年は今からシダトレンを投与することになるので、来年の春には完治していないかもしれないが、3年くらいで完治できそうな期待はある。

 ありがたいことである。

 医学もますます進歩してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

花粉症を完治させる薬

 ようやくである。

 ようやく、明日、花粉症を完治させてくれる薬が手に入る。

 スギ花粉症を発症して40年くらいになる。

 発症したころは、まだ花粉症という言葉すら普及していなかった。

 スギのエキスを口から体内に入れることでスギに慣らすという薬であり、副作用もきわめて少ないらしい。

 予約が埋まっていて、なかなか入れてもらえなかったが、明日、ようやく予約が取れた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

国際交流パーティー体験談

 ある国際交流パーティーに参加した。

 初めての参加である。1人での参加である。

 某レストランのワンフロアを借りて、テーブルやいすを寄せて、広い空間を作り、そこで立ち話をする、というスタイルである。

 立食パーティに近いが、食べ物は一切ない。

 ドリンクは買ってもいいし、買わなくてもいい。

 買わない人は、ただ単なる立ち話ということになる。

 男女比は、見たところ85%が男性、15%が女性という感じだった。

 国籍は、日本人が75%、外国人が25%程度か。

 初めてのパーティということもあり、緊張していたが、常連の男性に声をかけられ、だんだん雰囲気になれてきた。

 結局、日本人3名、中国人1名、アメリカ人1名と話した。

 ワイワイ盛り上がっていて、こういう雰囲気が好きな人にはいい場だと思う。

 ただ、ここで英会話の練習を期待しているのなら、あまり期待しないほうがいいと思う。

 ここに来ている外国人の多くは、日本語をしゃべれるし、日本語をしゃべりたがっているように見受けた。

 また、特に若い男性を見ていると、女性目当てで来ているような人もいるような印象も受けた。国際交流パーティーなのに、次から次へと日本人女性に声をかけ、メールアドレスを交換しまくっているのである。

 何回か足を運べば、それなりに顔見知りもでき、話も弾んでくるだろうし、友達もできると思う。

 1回だけでは、ほんの表面的な話しかできないし、ましてや英会話はあまり期待できない。

 まあ、また人恋しくなったら行ってみようと思う。

 他愛もない会話でも、気が和むというものだ。

 値段が安いので、悪くはないと思う。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

なぜ私が投信をしているか

 ここのところ、投資信託の基準価格がグングン伸びている。

 安いときに買った投信が今では莫大な利益をもたらしている。

 リーマンショックのとき基準価格が暴落して大慌てした人も多いだろう。

 しかし、私はリーマンショックのときも、全然心配していなかった。

 基準価格は暴落しても、毎月、分配金が支払われていたし、やげてもとは取れるとみていた。

 今、私のもっている投資信託のほとんどは利益が出ている。 

 しかし、私が投資信託をしている理由は、放っておいてもいい、という点が大きい。

 放っておいても、毎月分配金が出る。

 そこが投資信託の醍醐味だ。

 不動産投資も利回りが良ければいいが、家賃が入らなかったり、空室になったりすると、不安が大きくなる。

 その点、投信の場合は、毎月、分配金がだまっていても支払われる。

 分配金の高いものを狙えば、年10%で回せる。

 もっとも、より安全な投信も含めて、利回り7%くらいで回すのが理想だと思う。

 私が投信が好きなのは、放っておいてもいいという点であり、なぜなら安心して学問に打ち込めるからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

国際交流パーティ

 私はここのところ、ずっとフランス語を勉強している。

 しかし、フランス語を話す機会もない。

 いや、英語すらずっと話していない。

 それでも、英語やフランス語を読んだり、聞いたりしているので、それはそれでいいのだが、気軽に行ける国際交流パーティがあるようなので、ちょっと顔を出してみようと思う。

 ソフィア・外国語研究協会はそれほど急激に成長させる必要もないので、無理のない範囲で徐々に活動を増やしていければと思ってはいるが、ただ一人で勉強ばかりしていても、いつまで経っても外国人の人脈はできそうにないので、国際交流パーティに顔を出してみようと思う。

 今の時代、いい時代になったもので、インターネットで「国際交流パーティ」とでも入力すると、ひとりでも気軽に行ける国際交流パーティが見つかるものである。

 さっそく、金曜日に顔を出してみようと思っている。

 まあ、人脈づくりになるかならないかはわからないが、気分転換にでもちょっと様子を見てこようと思う。

 私のフランス語、どこまで通じるかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

日商簿記3級の受験準備

 日商簿記3級を受ける予定です。

 将来、法人設立も視野に入れているので、3級レベルの知識はつけておこうというのが受験の動機です。

 4級は2週間の勉強で98点が取れましたが、3級はそんなに簡単ではない!

 一発合格の自信はありませんが、とりあえず、何点取れるか受けてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »