« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

先日からドイツ語を再開

 先日からドイツ語を再開しました。

 ここ数年、ずっとフランス語に打ち込んでいたため、ドイツ語をさっぱり勉強していませんでしたが、久しぶりにドイツ語を勉強してみると、ドイツ語のほうが遥かに勉強しやすい。

 久々にカントの原書を読み始めましたが、やはり、外国語を勉強する真骨頂は、なんといっても名著を読むに限りますね。

 これからもコツコツと勉強を続け、独検準1級を目指そうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

「書きたい」という意欲がメラメラと湧いてきた!

 メラメラメラメラ!

 「書きたい」という意欲が湧いてきた。

 良く考えてみれば、私は留学から帰った32歳から41歳の10年で60冊近い単行本を出版した。それ以外にもゴーストライターをやったり、記事やエッセイの連載もやった。われながら、スゲー。(←自画自賛に注意!)

 そんな私だったが、41歳からは、金沢工大、慶應大、ロンドン大、日本大と4つの大学の大学生をやって、一に学問、二に学問、三に学問、四に学問となっていた。というわけで、41歳から50歳の10年間だけで4つの大学の5つの学位を取得。ついでに今年は神学部のサーティフィケートも取得。われながら、スゲー。(←自画自賛に注意!)

 そんな私が、2年前にソフィア・外国語研究協会を設立し、さまざまなイベントを主催してきた。

 2年前から、このソフィア・外国語研究協会とロンドン大学の勉強の二本立てでやっていたのだが、今年でロンドン大学も終わりにするつもりなので、これからは、ソフィアと執筆の二本だてで頑張るつもりだ。

 でもって、大昔に自分が出版したあるエッセイ集を読み返してみたのだが、なんとパワーのあったことか。当時の私は知識は無かったが、「書きたい」というパワーはすごい。まるで人を引き込むような書き方をしている。われながら、スゲー。(←自画自賛に注意!)

 でもって、今そのエッセーを読み直して、確信するに至ったのだが、なんか、面白い本が書けそうな気がする。いや、書ける。いや、書いてみせる。

 メラメラメラメラ!

 「書きたい」という意欲が湧いてきた。

 これでこそ宮崎伸治だ。

 ロンドン大学神学部、今年で終了できて良かった。これからはソフィアと執筆の二本に専念できる~。(どうしてもロンドン大学の勉強をやっていると、そっちのほうに莫大なエネルギーを費やしてしまうが、これからは執筆のほうにもエネルギーが費やせる!)

 これからの宮崎伸治にこうご期待!

続きを読む "「書きたい」という意欲がメラメラと湧いてきた!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

ITの進歩は速すぎる

 ITの進歩は速すぎる。

 近々、Windows 10がリリースされるようだが、なんでまあ、こんなにOSが頻繁にバージョンアップするのか、と言いたいところである。

 便利になるのは悪くはないが、次から次へと新しいことを覚えなければならないし、追いつくのが大変である。

 8.1からはスムースにアップグレードできそうだが、7からだと、互換性がどれだけあるのかわからないし、しばらくは7は7のまま使うほうが賢明かも。

 しばらく様子を見よう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

Windows8.1に驚き

 今やパソコンは生活の必須アイテムとなった。

 特に私のようにコーセラも毎日受講している人間にとっては、パソコンは単にメールだけではなく、学習の上でも多いに役立っている。

 ところがパソコンは長年使っているとだんだんおかしくなる。

 動作が鈍くなったり、なぜか急に使えなくなったりする。

 いつ、急にCPUがダウンするとも限らないのだ。

 そういう意味でも、もう一台、パソコンを買っておいたほうがいいだろうということで、昨日、東芝のノートパソコンを買ったのだが、Windows8.1の威力には驚いた。

 今までずっと7で通してきた私だが、時代の流れには逆らえない。

 8.1に慣れるしかない。

 といっても、もうじきに10になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

ノートパソコン購入

 今、自宅でメインで使っているノートパソコンの動作が徐々に鈍くなってきていることもかんがみ、そろそろノートパソコンを買おうと思っていた。

 パナソニックから745gの超軽量パソコンが出ているが、たしかに軽いのはいいが、画面が小さくなるのが目に悪いかなと思い、少し大きめの画面のモバイルパソコンにした。

 今は本当にパソコンも安くなったもので、新品なのに5万円で買えた。

 私は、投稿文を書くときは、外出先でポメラで書いていたのだが、ポメラは軽くていいのだが、やはり書き心地としては、ちょっと書きずらい点がストレスになる。

 少し長い文章を書くにはやはりパソコンのワープロソフトがいい。

 ということで、今日、5万円でパソコンを買ったのは、我ながら、いい買い物だったような気がする。

 前々から、書いてみたい本があったので、このパソコンを常時外出時に携帯し、本を執筆しようと思っている。

 もっとも、出版社は決まっていないのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

オハイオ州立大学の「微積分」受講開始!

 コーセラは面白い!

 莫大な数の講義があるので、自分が興味がある講義を次から次へと受講できる。

 すでに5つの講義を修了した。

 先日から、オハイオ州立大学の「微積分」という講座を視聴しているが、これも面白い!

 本当に英語ができるようになって良かったと思える。

 さらに今、フランス語、ドイツ語を極めようとしているので、将来は、フランス語、ドイツ語で、コーセラの講義を受講してみたい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

EdXに挑戦するかな

 昨夜、ロンドン大学から通知が来て、サーティフィケート取得できたことを知り、安らかに眠れた。

 さて、ロンドン大学は今年で終わろうと思っているので、新たな挑戦としては、フランス語とドイツ語である。

 フランス語もドイツ語も学問ができるほどスキルはないので、とりあえずは仏検や独検を目標にしながら学問の本も読んでいくことになろう。

 一方、英語に関しては、コーセラで様々な大学の講座を視聴しているが、EdXというのも大学の講座を無料で流しているようだ。

 まさに英語ができるのとできないのとでは、雲泥の差が付く。

 さらにフランス語やドイツ語ができれば、まさに「世界を手に入れる」といっても、大げさではなくなるだろう。

 今の私は、自分の知的好奇心の赴くままコーセラを受講している。なんと楽しいことか。

 それに比べ、数年前までの私は、それほど興味もないのに宅建を受けていた。「取っておいたほうがいいかも」という中途半端な気持ちで受けていた。

 運が悪く、1点足りずに落ちるということを2回繰り返し、3年目は4点足りなかったので、もうやめた。

 だが、語学の勉強は、楽しみながら勉強できるという点で、ほかの検定試験を目指すのとはまるで次元が異なる。

 今後も楽しみながら語学の勉強をしていこうと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

ロンドン大学神学部サーティフィケート課程の結果判明

 さきほどロンドン大学からメールが来た。

 今年の最終試験の結果を通知するメールだった。

 神学部サーティフィケート課程に入って今年で3年目。

 サーティフィケートは4科目合格すれば取得できる。

 1年目に3科目合格。

 これはすんなり行った。

 2年目は「新約聖書入門」のみ受験。

 しかし、40点以上合格のところ33点しか取れず不合格。

 「新約聖書入門」に合格しさえすれば、サーティフィケート取得になるので、もう1年だけやろうと決めて猛勉強した。

 そして今年3年目。

 毎日毎日、新約聖書を読む日々を続けた。

 しかし、そのかいもなく、5月の試験を受けた感じでは、今年は昨年よりも出来が悪かったような感じがしていた。

 もしかすると30点ももらえていないのではないかと思っていた。

 やはり「新約聖書」は日本人である私には難しかったのか…。

 だが、正直、ロンドン大学の勉強をこれからも続けていくとなると、時間も労力もお金もかかる。

 しかも、神学部で学士号を狙うとなると、卒論まで書かなければならなくなる。

 そこで私は、サーティフィケートが取得できようができまいが、もう一度、「新約聖書入門」を受けて、それで終わりにしようと思っていた。

 つまり、合格すれば、サーティフィケート取得して、終わりにする。

 不合格になれば、サーティフィケート取得にならないが、それでも終わりにする。

 学問は大切だが、今の私には学問以外にも目標がある。

 しかも、そちらの目標も、生半可な気持ちでやっていては中途半端になる。だから、どちらにしても、ロンドン大学は今年で終わりだ。

 そう心に決めていた。

 不合格になることはもう心の中で覚悟はできていた。

 去年で33点なら、今年40点以上いっていることはなかろう。

 論述試験だから、まったく予想はできないが、論述がうまく行ったか否かくらいはだいたいのところは分かるものである。

 おそるおそる結果を見てみた。

 すると45点!!!!!!

 合格していた。

 正直、めちゃくちゃ嬉しい!

 努力した甲斐があった!

 これで神学部のサーティフィケートが取得できたのだ。

 哲学部は学士号取得して卒業、神学部はサーティフィケート取得してサーティフィケート課程修了。

 制度上では、この後、すぐにディプロマ課程や学士課程に進学もできるのだが、ロンドン大学は先にも書いたとおり、相当の時間と労力とお金を要するので、サーティフィケートが取得できただけで神学部はよしとしよう。

 これからはコーセラで無料で勉強を続けようと思う。

 コーセラさまさまである。

 とにかく今日はサーティフィケート取得を喜んで眠りにつくことにしよう。いい夢が見られそうだ。

続きを読む "ロンドン大学神学部サーティフィケート課程の結果判明"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすが専門医

 2、3日前から、肩にかすかな痛みを感じるようになった。

 ベッドで横になり寝返りをうつと、ズキンという痛みである。

  我慢しようと思えば我慢はできる痛みだが、気になった。

 私は15年くらい前にスポーツクラブで筋肉トレーニングをしているときに肩の筋肉を痛め、接骨院に通っていたことがあるが、完治までいかなかった。日常生活に支障はないが、違和感はずっと感じている。

 てっきり肩からきている痛みだと思っていた。

 我慢しようかどうしようか迷ったが、大事になってもいけないので、整形外科に行くことにした。

 整形外科に通ってレントゲンをとってもらうと、肩からの痛みではなく、首からの痛みであることが分かった。

 痛み止めとシップを出してもらったが、1日で治った!

 さすが専門医である。

 ありがたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

カリフォルニア工科大学の「進化する宇宙」開始

 コーセラさまさまである。

 すでに5つの大学の講義の視聴を終えた。

 何か面白そうなものはないかと探していたところ、カリフォルニア工科大学の「進化する宇宙」という講義があった。

 まさに、コーセラは、世界の一流大学の講義が聴ける。

 しかも、無料である。

 勉強しようと思う人にとっては本当にありがたいシステムだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「問題解決と意思決定」終了

 コーセラの「問題解決と意思決定」(カリフォルニア大学アーバイン校)の講座を修了した。

 本当にコーセラはありがたい。

 さて、次は何を視聴するか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

カリフォルニア大学の「問題解決と意思決定」50%終了

 コーセラでカリフォルニア大学の「問題解決と意思決定」の講座を視聴している。

 現在、50%終了した。

 今週中には終了できそうだ。

 これを修了すれば、5つの講座を修了したことになる。

 英語が好きな人には、コーセラをぜひお勧めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

コツコツ努力の大切さ

 私は40代半ばで頭が禿げだした。

 頭のてっぺんあたりは、明らかに頭皮が見えていた。

 そこで、発毛専門店、リーブ21に通い、コツコツと頭皮のケアをした。

 自宅でのケアもした。

 食事にも気をつけた。

 運動もした。

 髪の毛にいいことはすべてやった。

 その結果、3年間の努力で、禿がほとんど気にならないくらいになった。

 今、私が取り組んでるのが、シダトレン

 スギ花粉症を完治させてくれる薬だ。

 昨年11月に開始し、毎日続けている。

 ブログに、2週間に1回の通院が大変だとか、毎日続けるのが大変だと弱気な発言をする人がいる。金銭的負担をなげく人もいる。

 しかし、国保で月3000円程度しかからかいし、2週間に1回の通院くらいで弱音を吐いていては、スギ花粉症という大敵はやっつけられないと思うよ。

 毎日続けるのが大変という人もいるが、毎日、薬を口に含んで2分間待つだけで、たいした負担ではないと思うのだが。

 これが毎日1時間ランニングせよとか、というような負担を強いるものだったら、続けるのが大変というのが分かるが、薬を口に含んで2分間待つ、という、たったそれだけのことで、しかも薬自体はまずくはない。むしろ、甘くておいしいくらいだ。

 来年の春、どれくらいの症状が出るのか、様子を見てみたいと思う。

 完治目指してがんばるぞ~。

 

続きを読む "コツコツ努力の大切さ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

カリフォルニア大学の「問題解決と意思決定」の講座開始

 コーセラさまさまである。

 無料で世界の一流大学の授業が視聴できるのである。

 すでに4つの講座を終えたが、今日から、カリフォルニア大学アーバイン校の「問題解決と意思決定」という講座を視聴することにした。

 本当に英語ができるというのはありがたいことである。

 無料でこういう一流の講義が視聴できるのは、まさに英語ができるおかげだ。

続きを読む "カリフォルニア大学の「問題解決と意思決定」の講座開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

エモリー大学の「依存症」の講座、終了

 コーセラでエモリー大学の「依存症」の講座を修了した

 これで4つの大学の講座を修了したことになる。

 次は何の講座を受けようか。

 デューク大学の「生理学」は非常に難しいので中断しているが、再開してみようか。

 ほかにも「統計学」「マクロ経済学」など興味深い講座もたくさんある。

 英語ができるようになって良かったとしみじみ思う今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線の中で放火自殺

 先日、70代の男性が新幹線の中で灯油をかぶり、火をつけて自殺した。

 「新幹線は安全」という神話を崩した瞬間だった。

 自殺するだけでも罪なことだと思うが、それを新幹線の中でやるのはとんだ迷惑行為だ。

 巻き添えを食らってなくなった人もいるという。

 鉄道会社にも莫大な被害が及んだことであろう。

 ある報道では賠償額5億とかいっていたが、自殺した男性は金がなくて困って自殺したわけだから、遺族(がいるのか?)からも取れないだろう。

 こういう場合、鉄道会社の被害は誰が償うことになるのか。

 自殺だけでも罪なことなのに、新幹線の中で放火自殺するなどは、まったく身勝手すぎる。

 報道では、その男性はお金に困っていたらしいが、中年くらいの年から、コツコツと貯金していれば、そんなことにもならなかったのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

出版不況について思うこと

 出版不況と言われるようになってから久しい。

 1996年がピークだったらしいが、それ以降は、年々、本が売れなくなっているという。

 特に雑誌がひどい。

 ピーク時に比べ、一般書籍は35%減、雑誌に至ってはおよそ半減しているという。

 倒産する出版社が後を絶たないという。

 お金がなくて四苦八苦している出版社も多い。

 そういう出版社が何をやるかといえば、約束していた印税や原稿料をカットすることだろう。

 私自身、痛い目に何度かあったことがある。(印税カットや原稿料の不払いなど)

 雑誌へ投稿し、掲載されたら謝礼がもらえることになっている。これなら安心だろうと思っていたのだが、某雑誌ではそれすら送って来なくなった。

続きを読む "出版不況について思うこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

コーセラさまさま

 本当にコーセラはありがたい。

 エモリー大学の「依存症」の講座も57%終了となり、おそらく来週くらいにはすべて終了できそうだ。

 終了できれば、これで4つめの講座を修了することとなる。

 こうなると、次は何を学ぼうかという意欲が湧いてくる。

 「健康学」の講座もあれば、「論理学」もある。「ミクロ経済学」もある。

 英語が一番多いが、フランス語やドイツ語の講座もある。

 もっとも私が視聴してわかるのは英語だけで、フランス語やドイツ語は理解するにはちょっと無理がある。

 外国語ができると、こういうふうに次々と勉強ができる。

 なのに、世の中には「英語を学ぶのは自ら自分の国を植民地化させている」と主張する人もいるようだ。そういう人の書く本は、英語嫌いの人には受けがいいだろう。

 英語が嫌いな人なら勉強する必要はないと思う。

 しかし多少なりとも興味があるのなら、しっかり勉強するといいと思う。

 

 

 

 

続きを読む "コーセラさまさま"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »