« 投信、大暴落 | トップページ | 投信に投資し、心安らかに勉学に励む »

2015年8月27日 (木)

投資にリスクはつきもの

 投資にリスクはつきものだ。

 不動産投資の場合は、空室リスク、退去したときのリホーム代、家賃滞納、更新費の滞納、修繕費などリスクがある。

 私は、出版社とトラブルになって裁判になった経験が何度かある。

 「え? あんな誠実そうな人があんな真っ赤なウソをつくの?」

 「え? 長年にわたって信頼関係を築いてきたはずのあの人が裏で口を合わせてウソをつくの?」

 そういうトラブルを経験すると、人との争いごと自体が怖くなる。

 で、私が以前、保有していたマンションの借家人は、家賃の滞納もあれば、更新費の滞納も当たり前のように毎回あった。

 「更新費は払うが、その前に、どこどこが悪くなっているから、その修繕を先にやれ。修繕をやったら、更新費を払う」

 といって、半年以上も更新費を滞納されたことがある。

 そういうことで、もう、人との争いごとは嫌なのだ。

 そういう意味で、投資信託にかけていたのだが、ここのところ、大暴落も大暴落。

 大暴落が止まらない。

 で、私は一つ決めた。もう評価額は見ないことにした。

 評価額を見れば見るほど、怖くなる。あまりの大暴落に、なにもかもが怖くなる。

 リーマンショックのときは、今以上の大暴落だったろうが、私は評価額を一切見なかったので、毎日安らかだったのだ。

 ということで、私は評価額は見ないことにしたのだ。

 新規に投資するときも、評価額のところを手で隠して、評価額が見えないようにして投資をする。

 これで気が安らかになれる。

 不動産投資がいいのか、投資信託がいいのか。

 人によるだろうが、人との争いが嫌いな私は、やっぱり投資信託かな。

 大暴落しても、評価額を見なければいいわけだからね。

 

|

« 投信、大暴落 | トップページ | 投信に投資し、心安らかに勉学に励む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/62165794

この記事へのトラックバック一覧です: 投資にリスクはつきもの:

« 投信、大暴落 | トップページ | 投信に投資し、心安らかに勉学に励む »