« 先日からドイツ語を再開 | トップページ | 見せかけの勉強 »

2015年8月 3日 (月)

カントの本をドイツ語で

 慶應大学在学中は、カントに魅了されたものだ。

 卒論の一部はカントだった。

 カントの定言命法には心底惚れ込んだものだった。

 早いもので慶應大学を卒業してかなりの年月が経つ。

 だが、当時の興奮は忘れていない。

 今、カントの『道徳形而上学原論』をドイツ語でかみしめながら読んでいる。

 私にとって至福の時といっていい。

 

 

|

« 先日からドイツ語を再開 | トップページ | 見せかけの勉強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/62013510

この記事へのトラックバック一覧です: カントの本をドイツ語で:

« 先日からドイツ語を再開 | トップページ | 見せかけの勉強 »