« 私が不動産投資ではなく、投資信託を好むわけ | トップページ | 投信、大暴落 »

2015年8月25日 (火)

投信、大暴落!

 驚くことに、投信が大暴落した。

 たった1日で100万円近く損が出た。

 おそらくサブプライムローンのときは、今以上に大暴落していたのだと思うが、その頃は、評価額の総額を一切見なかったので、どれだけ落ちているかすら気にしたことがなかった。

 当時、気にしていたのは、毎月、いくら分配金が支払われるかだけだった。

 だからまったく何も気にしていなかったのだ。

 当時は、銀行から3、4か月ごとくらいに、電話がかかってきて、

「投資信託のことでご心配されておりませんか?」

 などと相談をもちかけられた。

 大暴落していることをまったく気にしていなかった私は、

「投資信託はずっと持ち続けるつもりだし、まったく心配はしていません」

 と平然と答えていたのだ。

 たしかに、当時のチャートを見ると、いかに大暴落していたかが分かる。

 でも、放置していたら、元に戻ったし、むしろ元の額を上回っているのもある。

 なんだかんだいって、リターンとしては利回り4%くらいで回ってくれていたのだと思う。 

 が、3年くらい前から始めた「楽天証券」の投信の口座は、ページを開いたところに「評価額」が目につきやすいところに見える。

 見ようと思っていないのに、勝手に見えてしまうのだ。

 そういうわけで、ここのところ、ずっと見ているのだが、今年に入って、面白いように暴落する。ドンドンどんどん下がっていき、昨日と今日だけで大暴落。

 見なければ良かった、と思うくらいである。

 ただ、こういうときこそ辛抱だ。

 不動産投資の場合は、空室リスクがある。

 そして空室が出たら、リホーム代がかかるだろう。

 しかも、空室の間、管理費等の経費はかかってしまう。

 リホーム代が200万円とかしたら大変だ。

 そういう心配もあったし、何ぶん、私は今まで出版社と裁判を何度かやって、人との争いごとは嫌いになった。

 そういう意味では、投信のほうが精神的に楽なのだ。

 とはいえ、投信は今回のように大暴落もある。

 まあ、どんな投資にもリスクがつきものだ。

 投信の場合は、暴落したときこそが実はチャンスでもある。同じ金額で多くの口数が買えるからだ。

 そういう意味では、これからもコツコツと投信で資産を増やしていくしかない。

|

« 私が不動産投資ではなく、投資信託を好むわけ | トップページ | 投信、大暴落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/62156088

この記事へのトラックバック一覧です: 投信、大暴落!:

« 私が不動産投資ではなく、投資信託を好むわけ | トップページ | 投信、大暴落 »