« スギ花粉症用の薬 | トップページ | 外国語が楽しくなるとき »

2015年10月 9日 (金)

不動産投資か投資信託か

 私が投資信託を好むわけは、放っておきさえすればよい、というスタンスが取れるからだ。

 評価額は上がったり下がったりするが、それを気にしなければ、毎月分配金が入ってくるわけだから、それを「家賃」だと思っておけばいい。

 それが延々と続く。

 基本、「家賃」が入ってこないということはないし、空室リスクもなければ、延滞もない。

 まさに「最良の物件」といえる。

 その点、不動産投資は、空室リスクはあるし、延滞もある。

 延滞などされたら、督促するのも面倒だろう?

 そういう手間暇をかけてもいいと思う人なら、不動産投資もいいとは思うが、私のように、他人とのトラブルを避けたい人間、静かに学問や執筆に専念したい人間にとっては、投資信託ほどいいものはないのだ。

 最近、投資信託の評価額は落ち込んでいるが、それも放置していれば、やがて上向くだろう。

 評価額が落ちるのを目の当たりするのと、さすがに平静ではいられなくなるので、見るのを一切やめた。

 一切やめてみると、まったく気にならなくなり、「家賃」的に分配金が入ってきているのだけを確認する日々が続いている。

 つくづく、学問や執筆に専念したい人には、投資信託をお勧めしたいと思う今日この頃である。

|

« スギ花粉症用の薬 | トップページ | 外国語が楽しくなるとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/62440475

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産投資か投資信託か:

« スギ花粉症用の薬 | トップページ | 外国語が楽しくなるとき »