« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月19日 (木)

イタリア語を開始

 イタリア語を開始した。

 スペイン語にしようと思っていたが、西検が6月にあり、仏検と時期が近いので、スペイン語の勉強開始は遅らせた。

 一方、伊検は3月にある。

 さっそく、来年の3月に5級を狙う。できれば4級も併願してみようと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

次はスペイン語か

 フランス語を学び始めて2年半になる。

 かなり読めるようになった。

 そして同時に、フランスの文化も多少なりとも興味を持ち始めた。

 次に狙うはスペイン語である。

 フランス語もスペイン語も同じインド・ヨーロッパ語族の中のイタリック語派に属するので、きわめて酷似している。

 もうこれは学ばない手はない。

 来年6月に仏検と検定日が重ならなければ、スペイン語検定6級(6級といっても英検でいえば4級レベルらしい)受験を考えている。

続きを読む "次はスペイン語か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

ロンドン大学の卒業式

 ロンドン大学の卒業式の招待が来た。

 来年の3月にあるようだ。

 ロンドン大学には、哲学部と神学部でお世話になり、哲学部のBAと神学部のcertificateを頂いた。

 哲学部卒業時にでも卒業式出席をかねてロンドンに行こうかとも思ったが、やはり地球の裏側に行くのはそれなりに時間も労力もお金もかかるので、やめておいた。

 今回も、行ければいいのだが、やはり時間や労力やお金のことを考えれば、出席は見合わせておいたほうが賢明だろう。

 もう少し年を取ってから、フランスやドイツに行ってみたいという夢はある。

 せっかくフランス語やドイツ語を勉強しているのだから、現場で試してみたいという理由である。

 

続きを読む "ロンドン大学の卒業式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

投資信託が徐々に回復

 私は昨年、所有していたマンション1室を売却した。

 理由はいろいろある。

 マンション自体が古くなりつつあるということや、住居人も年を取りつつあるということに加え、人ともめるのがイヤになったからでもある。

 住居人は、2年に1回の更新時に支払わなければならない更新料を毎度毎度、払うのを渋る癖があった。そのたびに、ちょっとしたトラブルに見舞われた。

 住居人の言い分は、「〇〇が悪くなっているので、それを直してくれたら更新料を払ってもいい」とのこと。

 そうやって毎度毎度、見積もりを取らせるのだが、見積もりを取っても、実際に修繕に取り掛かったのは1回で、支払時期を遅らせるのが目的で、そのような言い訳をしていたようだ。

 空室リスクも怖い。

 また、住居人が出て行ったら、リホーム代もばかにならないと判断した。

 それならば投信にしておいたほうが精神的に楽だ。

 投信には暴落リスクがあるが、放置していれば、また戻ってくるものである。

 今年の夏ごろは特に暴落がひどくでこの先いったいどうなるのかと不安になっていたのだが、先月くらいから徐々に回復してきている。

 今年の初めより100万以上は下がっているものの、それでも、空室リスクやリホーム代のことを考えれば、精神的には楽だ。

 思うに、学問や芸術に専念しようと思っていたら、この世のこと(金)で心配していたら、なかなか専念できないのではないだろうか。

 そういう点では、投信のほうが、精神的には楽だと思う。

 暴落しているときは、基準価格は見ないようにしていれば、気分が悪くなるのを回避することもできるしね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

ロンドン大学神学部のサーティフィケート証書が来た

   今日、家に帰ってみると、宅配便の不在連絡票があった。

 送り主を見てみると、「南海エキスプレス」とある。

 ?

 何、それ?  

 聞いたことがない。

 いくら思い出そうとしても思い出せない。

 しかし、もしや、と思い、「南海エキスプレス」を検索エンジンを使って探してみると、海外からの宅配を請け負っている会社だ。

 ということは、ロンドン大学からCeritificate証書か?

 きっとそうだ。

 哲学部でBAを取ったときは9月ごろにBAの証書(卒業証書)が送られてきたが、11月になっても送ってこないのでどうしたのかな、と思っていたところだ。

 やっとだ。やっときた。

 再配達を依頼し、来てもらった。

 あけてみると、やっぱりCertificate証書だ。

 嬉しい!

 これを取得するのに3年かかった。

 さて、この証書、てっきりCertificate課程を修了したということだけが書かれてあると思っていたのだが、成績も3段階に分けて掲載されるということを知った。

 70点以上が Pass with Merit  50点~69点が Pass with Credit  40点~49点が Pass  である。

 私はてっきり、ただのPassだと思っていたのだが、Pass with Creditが取れていた。

 え? 今年取得した「新約聖書入門」は45点だったのに?

 過去に取得した点数を振り返ってみると、「宗教哲学」が62点、「キリスト教倫理学」が57点、「宗教と科学」が57点。

 ということで、よく考えてみれば、過去に通った科目はそこそこの点数だったため、総合判断としてPass with Creditになったのだろう。

 これは非常に嬉しい。

 ところで日本人でPass with Meritが取れる人っているのだろうか。

 私は哲学部と神学部で学んだが、1科目として70点以上を取ったことが無い。それを考えると、Pass with Meritを取るのはとてつもなく難しいように思える。

 とりあえず、証書が来て良かった良かった。

 6年間、ロンドン大学で学び、結果、哲学部のBAと神学部のCirtificateが取れて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »