« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

新宿に、おいしい喫茶店を発見

 私は昔から新宿に出ると、「珈琲貴族エジンバラ」という喫茶店に寄って、炭火焼コーヒーをよく飲んだものだった。

 
 今は三丁目に移ったので、新宿駅から遠くなった。
 
 先日、ビジネス起業塾で知り合った友人と新宿であった際に「」という喫茶店に寄った。
 
 ブレンドコーヒーは750円だが、味といい、店内の雰囲気といい、抜群だった。
 雰囲気だけでいえば、エジンバラよりは落ち着いている。
 新宿に行く機会があれば、ここに立ち寄る機会も増えそうだ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

個人情報保護法検定を視野に

 「個人情報保護法検定」というのがある。

 前々から知っていたが、なかなか受けるチャンスがなかった。
 
 将来的なことを視野に入れて、受けてもいいかなと思っている。
 ここのところ、ずっと外国語の検定ばかり受けてきたので、たまには法律関係の資格もいいかなと思っている。
 
 あまり莫大な「個人情報」を扱う予定はさしあたってはないものの、将来を考えると、勉強しておくべきだと思った。
 検定料も高いが、やむを得ないだろう。
 受験も視野に入れて勉強してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

スペイン料理店に行ってみると

 スペイン語の勉強を開始して2か月。

 スペイン料理の店にも興味がわき、行ってみた。

 きっとスペイン語を勉強していなかったら興味がわかなかっただろう。

 こういうところが外国語を学ぶ利点の一つでもある。

 パエリアを食べてみたかったが、昼はパエリアはやっていないとのこと。

 パスタを食べることにした。

 スペイン料理だと、魚介類が入っているパスタが多かったようだが、無難にカルボナーラを食した。

 味は、まあ、普通の店で食べるのと変わらない。

 ただ、スペイン料理の店だけあって、店内の装飾がスペイン風であったのが興味深かった。

 いつかパエリアを鉄板で食べてみたいと思う。

 (皿に入ったパエリアは何度か食べたことがあるので)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

舛添都知事、どちらにせよアウト

 舛添都知事の政治資金私的流用事件でマスコミが騒いでいる。

 知事は家族旅行で使ったホテル代を政治資金で出したことについて、「家族でとまった部屋で会議を行っていた」と弁解しているが、本当だと思う人は少ないだろう。

 誰と会議を行ったかも言わず、何人で会議を行ったのかも言わない。というか、言えないのだろう。

 それならばそれで「会議を行っていた」などと弁解せずに、黙っておればいいのである。

 黙ったままであれば、少なくともウソをついたことにならない。

 まあ、黙ったままなら黙ったままで、説明責任を果たしていないと非難されるのだろうが。

 旧約聖書の言葉にこんなのがある。

「わたしは高ぶりと、おごりと、悪しき道と、偽りの言葉を憎む

 ミスならばまだ許される可能性がある。

 しかし、ウソはいけない。

 では、ウソでなかったらどうか。

 それでも今回のケースではアウトだろう。

 会議の時間は「1時間か2時間か」だったと弁明しているが、だったそれだけの時間のために家族で宿泊した20万円以上のお金のすべてを「会議費用」として計上しているのは誰が考えてもおかしい。

 したがって、ウソであってもウソでなくても、いずれにせよアウトと言わざるを得ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

舛添都知事どうした?

 猪瀬元都知事に続き、舛添都知事も金銭問題で揺れている。

 「大名視察」はまだ許容範囲とも言えなくもないが、今回の疑惑は政治資金を私的に流用したというもの。

 家族で食事に行って、その食事代を政治資金で落とすということを繰り返し繰り返しやっていたら、それを許す都民は少ないだろう。

 つくづく思いだすのは、次の聖書の言葉だ。

財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しいことか。金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通るほうがまだ易しい

あなたがたは地上に富を積んではならない。富は天に積みなさい

 言い訳として、「ミスだった」と言っているらしいが、そもそも、家族で食事に出かけたに過ぎないのに、レシートを貰うこと自体、疑惑のもとである。

 お金持ちなのだから、それくらいのお金は自分で払えるはずだろう? 

 人間、権力や金を持つと、変わってしまうのか? と思えるような疑惑である。

 都民である私は、今後の舛添氏の動向が気になるところである。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

西検まで1か月

 スペイン語を勉強し始めて2か月になる。

 スペイン語は、フランス語やイタリア語と似ているので、最初からスペインの出版社から出ているスペイン語の本を輸入して読み進めている。

 スペイン語の検定試験に西検がある。

 6月に西検を受験する予定である。

 当日は4時に試験が終わるので、そのままサウナに直行となりそうだ。

 西検が終わったら、早速、10月の伊検に向けて、イタリア語に戻るつもりである。

 そんなこんなで外国語の勉強に大忙しの日々を送っている。

 

続きを読む "西検まで1か月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

漢方薬を試してみるか

 40年近く苦しめられたスギ花粉症だが、「シダトレン」という、体質改善の薬を1年半飲み続けたおかげで、今年はほとんど症状が出なくなった。

 おそらく来年以降は完治に近いだろう。

 ヒノキ花粉には100%利かないようだが、スギ花粉症が治れば、万々歳である。

 これで私の身体的な悩みは夜間にトイレに起きるだけになった。

 今日、漢方薬を扱っている専門店に行ってみると、血流を測定する機械があり、夜間頻尿の原因を突き止めた。

 私の場合、末梢血管抵抗が高くなっており、これが原因のようだ。

 早い話、下半身まで血液が十分に循環していないということだ。

 西洋の薬は対処療法なので、根本的な治療を目指すなら、漢方で体質そのものを改善する必要がある。

 ためしに、八味地黄丸を試してみることにした。

 もちろん運動も適度に行うつもりである。

 「シダトレン」でコツコツ体質を変えて、スギ花粉症とおさらばできたので、「末梢血管抵抗」の数値も漢方で治していきたいと思っている。

 学問にしろ勉強にしろ体質改善にしろ、コツコツとした毎日の努力がモノを言う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

スギ花粉症はほぼ完治したものの…

 シダトレンを飲み続けたおかげで、スギ花粉症の症状がほとんどでなくなったのは良かったのだが、ここ数日、クシャミが出始めた。

 おそらくヒノキの花粉が原因だろう。

 シダトレンはヒノキにもある程度の効果はあるそうだが、万全ではない。

 花粉症はまことにやっかいだ。

 ただ、それほどひどい状態になっているわけではないので、これくらいで良しとしておこう。

 

続きを読む "スギ花粉症はほぼ完治したものの…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジンバラの炭火焼きコーヒー

 昔から新宿に用事で出かけるたびに、珈琲貴族エジンバラに立ち寄ったものだ。

 ここの炭火焼きコーヒーはおいしい。

 880円だが、割引券を使えば、780円だ。

 780円でも高いといえば高いが、酒もたばこもやらない私にとってはちょっとした贅沢として自分に許している。

 今は新宿駅から少し遠くなったが、その味は健在である。また新宿に寄ることがあったら、行ってみたいと思う。

 

続きを読む "エジンバラの炭火焼きコーヒー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

投信が暴落

 私は一昨年、所有していた不動産(マンション)を売却し、そのお金をすべて投資信託に投資した。

 理由は、不動産の価格が急上昇していたということもあるが、なにより、人とのトラブルを回避するためであった。

 不動産を賃貸に出すと、家賃の滞納、更新料の滞納、空室リスク、リホーム代がかかる、といったものがある。

 そういったときに、トラブルが発生する可能性がある。

 私は、いくつかの出版社とトラブルになり、裁判を起こしたこともある。

 その経験からいっても、裁判ほど疲れるものはない。

 だから、投資信託のほうが気が楽なのだ。

 ところが、気が楽だった投資信託が、今、めちゃくちゃなことになっている。

 大暴落も大暴落。

 ただし、私は自分の選択を後悔しているわけではない。

 大暴落しても、長期で保有し続ければ、また戻ってくる可能性もある。

 トラブルを回避し、学問や勉強に専念できるのなら、そちらのほうが私にとっては気が楽でいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »