« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

漢方薬の威力

 恥ずかしい話ではあるが、私は4、5年前から、夜中にトイレに起きる「夜間頻尿」という症状が出始めた。

 だいたいは1回で済んでいたが、冬など寒い日は2回、3回と起きることもあった。
 病院に行き、薬を出してもらったが、現状維持のままだった。
 先生も「年齢が年齢だから…。そんなに心配することはないよ」というだけだった。
 しばらく薬を飲み続けても症状が改善されなかったため、その病院に行くのをやめた。
 しかし、やがて冬になり、症状が悪化。
 今度は大きな大学病院に行ってみた。
 前の病院とは異なる薬を出してくれた。
 多少は症状が軽くはなったものの、1回は起きてしまう。
 その後、大学病院の先生が、「大学病院は重篤な患者を専門的に診察するところ。近くの診療所に移ってください」と言い出し、病院を変えた。

 その病院では大学病院と同じ薬の他に別に2つの薬を追加で出してくれた。

 しかし、症状は現状維持のまま。
 「年だからあきらめるしかないのか…」と思っていた矢先のこと。
 ある漢方薬の店に相談に行くと、「八味地黄丸」を出してくれた。
 飲み始めて初日から効果があった。
 3日目は一度も目が覚めなかった。
 やがて一切目が覚めなくなった。
 完全に治った。
 漢方薬の威力に驚いている。
 西洋の薬を5種類を試して効果がなかったのが、漢方薬だとすぐに効果が出た。
 漢方に興味がわいてきている今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

血液年齢測定

 区のサービスで「血液年齢測定」が無料であるというので行ってみた。

 悪い結果が出るものと思い込んでいたが、測定結果は、「すばらしい」と褒められるくらい良いものだった。
 実年齢よりも14歳若い血液年齢だった。
 毎日、ウオーキングをしているのがいいのかもしれない。
 私の両親とも早死にだったが、私はこの調子だとけっこう長生きするのもしれない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

富は天に積め

 舛添都知事が辞任した。

 東京都民にとっては強い関心事だろう。
 都知事選に50億円かかるそうだが、都民税として我々都民に負担がかかる。
 そう考えれば、途中での辞任は都民にとっては迷惑なことだ。
 舛添氏は頭のいい人らしいが、聖書を読んだことがなかったのだろうか。
 公私混同でお金を使っていたらしいが、都民の払う税金で贅沢をしてそれが楽しかったのだろうか。
 マタイによる福音書にこうある。
あなたがたは地上に富を積んではならない。(中略)富は、天に積みなさい
 公私混同をしてまで地上に富を積んでいた舛添氏に、そのツケが回ってきたというところだろう。
 ホンモノの政治家は地上に富を積む人ではなく、天に富を積むような人であるべきだ。
 次の都知事に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

西検受験

 6月19日、西検を初受験した。

 高齢の受験生が多かったのに驚かされた。
 高齢の受験生でレベルの低い級を受けている人は、仕事で必要というのではなく、趣味で勉強しているのではないかと思われる。
 
 外国語は、レベルが低ければ低いなりに、楽しみながら学習できるところがいい。
 
 外国語を学べば学ぶほど、自然とその外国語が話されている国や文化に関心がわくし、それによって視野も広がるきっかにもなる。
 これからも外国語の学習を続けていこうと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

西検直前

 スペイン語の勉強を開始して3か月。

 
 大量の単語を詰め込んだおかげで、スペイン語の書籍も読めるようになりました。
 
 文法はまだあまり定着はしていません。
 あさって、西検を初受験します。
 今は、ラストスパートで文法のおさらいをやっています。
 またご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

舛添氏、辞任

 都民である私は舛添氏の進退に強い関心があったが、今日、とうとう舛添氏本人が辞任する意思を固めたようだ。これには驚いた。

 「身から出た錆」なので辞任はやむを得ないと思ったが、本人も最後は「無給で働く」とまで言い出したのだから、今年9月まで働かせてもよかったのではないかと思う。

 しかし、次の参院選でマイナスの影響が出ると危惧した自民・公明はとうとうクビを切りにかかった。それが本当によかったことなのかどうか。

 いずれはクビにしなければならないにしても、私利私欲を捨てた舛添氏の「9月まで」という懇願を振り切ってよかったのか。

 問題の一端は政治資金規正法自体だったような気もする。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

個人情報保護検定を視野に

 ここ数年、検定試験といえば、語学関係の検定がほとんどで、それ以外はあまり受けていない。

 しかし、将来的なことも考えると、個人情報保護法については知っておくべきだと思えるので、受験を視野に勉強してみたいと思うようになった。

 検定試験を受けなくても、ただ勉強だけしておくというのもアリだが、私の場合、それだとモチベーションの維持が難しい。

 やはりきちんと検定試験合格を目指したほうがモチベーションがあがるというものだ。

 よくある四択問題のようだ。

 ひさびさの検定試験である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

聖書を読む日々

 ロンドン大学哲学部(遠隔教育)を卒業したとき、関連の深い神学部でも勉強してみようという気になった。

 なにしろ学費が安い。
 哲学部を卒業するのに70万円ていどしかかからなかった(今は学費も上がっているから100万円ていどかかるかもしれない)。
 神学部の必須科目に「新約聖書入門」があったため、必然的に学ばざるを得なくなった。
 1回目の受験は失敗し、都合2年間、「新約聖書入門」をとる羽目になったが、そのおかげで、新約聖書にある程度詳しくなった。
 私は7つの大学を出ているが、大学を出た後では、大学時代に勉強した書物を読み返すことは極めてまれである。
 しかし、新約聖書だけは、よく読み返す。
 ちょうど私は外国語も勉強しているので、新約聖書をスペイン語、イタリア語、ドイツ語、フランス語でも読んでいる。
 
 今、舛添都知事の問題で揺れているが、人間、欲望をもった存在である以上、他人が見ていないところでは、ついつい自分の欲望を優先しがちになる。
 そういうときこそ読むべきは新約聖書である。
 クリスチャンにならなくてもいい。読んで納得できるところだけでも自分の人生に取り入れていけばいい。
 何倍も人生が豊かになる、と私は思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »