« 中検4級受験申込 | トップページ | 外国語を学べば、日本語にも敏感になる »

2017年1月31日 (火)

外国語上達の秘訣は?

語学の神様といわれていた関口存男が、ドイツ語講師になったときに生徒にいっていた口癖は、

 
第一多読、第二多読、第三多読、ドイツ語上達にはこれしかない
 
だったらしい。
 
様々な言語を学習している私も、日本人にとって外国語上達の最良の方法は、多読ではないかと思う。
 
なぜか?
 
なんといっても、外国人と話す機会がなかなかないというのが挙げられる。
 
外国語学校に通っているとか、仕事で使っているとか、何かの団体に入っているという人以外、まあ、外国語を話す機会はない。
 
となると、やはり、日本人にとって外国語を楽しむ機会は、読むことと聞くことに依存せざるを得ないだろう。
 
ただし、聞くといっても、レベルが合うものでなければ、楽しむことができない。
 
その点、読み物であれば、自分のレベルにあったものがいくらでも探せる。
 
そういう意味でも、読む楽しみを見つけるのが、外国語上達の最も有効な手段な気がするのである。
 
少なくとも日本人にとっては、という観点からではあるが…。
 
イタリア語の単語カード、76束目に突入した。
 
ようやく、中級レベルの本でも、電子辞書を引き引きではあるが、読み進められるようになった。
 
伊検は準2級までは面接がないので、最低でも準2級までは行きたいと思っている。
 
2級も、面接の形式によっては、狙ってみたいと思っている。
 

|

« 中検4級受験申込 | トップページ | 外国語を学べば、日本語にも敏感になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/64834267

この記事へのトラックバック一覧です: 外国語上達の秘訣は?:

« 中検4級受験申込 | トップページ | 外国語を学べば、日本語にも敏感になる »