« 客観的な物差しがない人を信じられるか | トップページ | 書店の数が激減 »

2017年4月14日 (金)

英語以外の言語の映画DVDをレンタルするには

外国語学習を長続きさせるコツの1つは、なんといってもその外国語に惚れ込むことだと思います。

 

その一つの方法が映画DVDのレンタル

 

ただ、英語圏の映画DVDは山のようにありますが、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語・・・となると、レンタルショップに行っても探すのに一苦労。

 

お目当ての言語のDVDを探し当てたと思っても、映画の内容からしてレンタルしたいとは思えないものもありますから、本当にレンタルしたいと思う作品を探すこと自体、大変な苦労がいります。

 

昔、私はtutaya discusの会員で、月4本のDVDを980円でレンタルできるコースに入っていました。

 

ネットで予約し、自宅に届けられた映画DVDを見終われば、ポストに返却すればいいので、これは楽だと思っていました。

 

が、月に4本見るというのは、けっこうきつい。

 

多忙な人なら、それが苦痛になりかねません。

 

私も外国語学習のつもりでそのコースに入っていましたが、月に2本くらいは外国語の映画DVDにして、残りの2本はお笑いのDVDになったりしていました。

 

やはりコンスタントに月4本を見続けなければならないとなると、けっこうきついです。ノルマのようにしてやっていると、映画そのものも楽しめなくなるし。

 

そういうことで、「月に4本は無理! それならレンタルショップでレンタルした方が安い!」と思って、中断したのです。

 

しかし、やはり英語圏以外の国の映画DVDはなかなかレンタルショップにおいていません。しかも、探すのに時間がかかる。

 

で、最近、tutaya discusは、月額の基本料がない「単品レンタル」というシステムがあるのを思い出し、早速、再開しました。

 

単品レンタルとは、月額の基本料はゼロで、レンタルする都度、課金されるシステムです。

 

1本あたり220円。送料は別途270円かかります。

 

ただし2本かりると送料は270円のまま。

 

ですから2本レンタルした場合は、2×220円+270円=710円(税抜き)。

 

1本あたり355円(税抜き)でレンタルしたのと同じになります。

 

私の自宅近くのレンタルショップで新作を1本レンタルするよりは安い金額でレンタルできることになります。

 

しかも、tutaya discusの「単品レンタル」のいいところは、30泊31日であること。

 

映画の場合、1週間でも辛いことがありますよね? 1泊2日でレンタルしたら、すぐに見終わらなければならないという義務感で見るようになってしまいがち。

 

それが30泊31日で、1本あたり355円でレンタルできるのなら、もう絶対、こっちのほうがいい。

 

しかも、月額の基本料金なんてないから、見たい作品がないときは、放置していてもお金がかかりません。

 

今、私はスペイン語の学習に専念していますが、ときに息抜きにスペイン映画やメキシコ映画のDVDも見たいので、tutatya discusの「単品レンタル」はとてもありがたいシステムです。

|

« 客観的な物差しがない人を信じられるか | トップページ | 書店の数が激減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/65148941

この記事へのトラックバック一覧です: 英語以外の言語の映画DVDをレンタルするには:

« 客観的な物差しがない人を信じられるか | トップページ | 書店の数が激減 »