« 6月の西検に向け全力投球 | トップページ | 金持ちになれば幸せになれるか? »

2017年5月16日 (火)

ある大富豪の告白

 昔、お付き合いのあった出版社からもらった金持ちになりたい人のために書かれた本がある。

 その中で、ある大富豪はこう述べている。
「富とは力だ。富があればできることは限りない。
最高級の家具で家を飾ることもできる。
はるか大海原に船出することもできる。
遠い異国の珍味に舌鼓を打つこともできる。
金細工師や宝石職人の作った装飾品を買うこともできる。
神々の壮大な神殿を建てることさえできる。
これらすべてが可能になり、喜びと満足を得られる数多くのことが実現できるようになる」
 あなたはこれを読んでどう思うだろうか?
 私はまったく感心しない。
 この告白を読む限り、この大富豪がお金がほしいのは、結局、自分の欲を満足させたいという、ちっぽけなちっぽけな動機でしかない。
 贅沢三昧がしたいがために大富豪になりたいとしたら、そんな夢など、私に言わせれば、ものすごく小さい夢だ。結局、考えているのは自分の事だけにすぎないからだ。
 私なら、そんなお金があるのなら、頑張っている人を応援するために使いたい。(困っている人を助けたいというのとは少し違う。私がお金を使いたいのは、頑張っている人を応援するためである)。
 大富豪になってそのお金をうまく活用して社会に貢献すれば、きっと神様も喜んでくれるだろうが、贅沢三昧をしても神様はきっと喜ばないだろう。
 さて、先の大富豪の言葉に感心しないと述べた。
 ならば私なら富についてどう言うか。
「富とは力だ。富があればできることが増える。
自分を磨くために富を使うことができる。
自分を磨いた後にその能力を生かして、世のため人のためになることをすることができる。
頑張っている人を応援するために使うこともできる」
 先の大富豪は、
「最高級の家具で家を飾ることもできる。
はるか大海原に船出することもできる。
遠い異国の珍味に舌鼓を打つこともできる。
金細工師や宝石職人の作った装飾品を買うこともできる」
などと言っているが、私は別にそんなもの欲しいとなどとは思わない。
 そんなことをやっても神様は全然喜ばないと思うし、私自身だって嬉しいとも思わないだろう。

|

« 6月の西検に向け全力投球 | トップページ | 金持ちになれば幸せになれるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/65287382

この記事へのトラックバック一覧です: ある大富豪の告白:

« 6月の西検に向け全力投球 | トップページ | 金持ちになれば幸せになれるか? »