« 「論語」の原典を入手 | トップページ | 「論語」原典、3分の2を読破 »

2017年5月 2日 (火)

ゴールデンウィークは「論語」

 昨年までまったく中国語が分からなかったが、少し勉強しただけで、早くも「論語」が読めるようになった。

 ゴールデンウィーク中に「論語」を読破したいと思う。
 さて、私は外国語を学ぶ究極の目的は、より善い人間になり、より善い人生を歩むことだと思っている。
 単位を取るため、いい大学に入るため、いい大学院に入るため、いい会社に入るため、昇進するため、という外的な報酬を求めて勉強する人もいるだろう。
 海外出張することになったから、海外旅行に行くから、外国人と話したいから、といった外国人と接するときのために勉強する人もいるだろう。
 それからの動機がまちがっているというつもりはない。
 しかし、究極の目的は何かと聞かれたら、今の私なら、上のように答えるだろう。
 外的な報酬を求めるためだけに勉強している人は、外的な報酬が得られたら、それで満足して学習をやめてしまうだろう。
 外国人と接するときのために勉強している人は、接する機会が消滅したら、それ以降、モチベーションが維持しにくくなるだろう。
 しかし、より善い人間になり、より善い人生を歩むという究極の目的のために外国語を学習するとすれば、一生、モチベーションは維持できる。
 外国語で名著を読むという目的で外国語を勉強している人は一生かかっても名著を読み尽くすことはないだろう。名著の数は読み切れないくらい多いのだから。
 しかも名著は読めば読むほど味わいが深くなる。
 例えば、聖書がそうだ。何度、何十度、何百度読んでも、その魅力が色あせることはない。
 色あせるどころか、逆に読めば読むほどその魅力にはまる。
 論語もきっと読み応えがあるだろう。
 なにしろ2000年という時の試練に耐えた名著である。
 このゴールデンウィークを論語の読破にささげようと思う。
 外国語を学び続けてきて良かったと思っている。
 こういう名著を読む習慣こそが、より善い人生を歩む礎になると信じている
 また外国語で名著を読むという習慣が身につけば、お金の節約にもなる。
 私が中国から入手した「論語」は本だけでなくCD3枚付きで約2000円だ。
 約2000円でゴールデンウィーク中、勉強できる。しかもしっかり耳からも聞ける。最高の楽しみといえる。
 これが、ほら海外旅行だ、ショッピングだ、レジャーだと言っていたら、お金はどんどん出ていくばかりだろう。
 約2000円だけでゴールデンウィーク中、夢中にさせてくれるのだから、これほど安上がりの楽しみもないだろう。

|

« 「論語」の原典を入手 | トップページ | 「論語」原典、3分の2を読破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/65227125

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィークは「論語」:

« 「論語」の原典を入手 | トップページ | 「論語」原典、3分の2を読破 »