« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月26日 (月)

賢いとうぬぼれてはならない

 豊田真由子議員の暴言・暴行がマスコミをにぎわしている。

 今はネットですぐに拡散するので、豊田議員も、隠し撮りをされていると知って、さぞかしショックを受けたことだろう。しかし、あまりにもひどい内容である。
 その豊田議員の学歴がすごい。
 東大法学部卒業後、ハーバード大学大学院修了。それで国会議員である。
 エリート街道まっしぐらという人のすべてではないが、中には自分のことを賢いとうぬぼれている人もいるだろう。豊田議員もその一人だったのではないか。
 私は、この世の知識など、いくらため込んでも、それで賢くなるとは思わない。
 聖書にも、こう書いてある。
 「あなたがたのだれかが、自分はこの世で知恵のある者だと考えているなら、本当に知恵のある者となるために愚かな者になりなさい。この世の知恵は、神の前では愚かなものだからです」
 思い返してみれば、私は大手出版社の社長を相手取って訴訟を起こしたことが何度かある。
 
 いずれも一流大学卒。しかも大手出版社の社長になっているエリートだ。
 が、いったん訴訟が始まると、嘘八百の準備書面を延々と出してきた。
 そんな嘘がいつまでも通用するわけがないのに、彼らは嘘に嘘を重ねて保身を図った。
 結局、最終的には私に頭を下げることになったが、とても賢いとは思えなかった。
「この世の知恵は神の前では愚かなもの」と聖書に書かれてあるとおり、いくらがり勉をして一流大学を出たところで、それだけではけっして賢いということにはならない。単に勉強がよくできたというだけの話だ。
 人間にとって本当に何が大切なのか、それが分かる人間にならなければ、いくら勉強ばかりしても、それはそれだけのことだと思う。
 今回の豊田議員のニュースを見て、ますますそう思うようになった。東大卒だろうがハーバード大学院修了だろうが、それだけでは賢いとは言いきれないのだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

あと何日生きるのか?

 たしか『人生の残り時間の思考法』というタイトルだったと思うが、そんな本を読んだことがある。

 健康なうちは、自分があたかもずっと生きていられるような感じになる。
 しかし現実は、人間、ずっと生きていられるわけではなく、いつどんな形でこの世を去るかもしれないのである。
 
 私の両親は早死にだった。
 
 私もあと何日この世に生きていられることか。
 5000日か、7000日か、9000日か。
 人生の残り時間を意識し始めると、もう、無駄なことはしたくなくなる。
 自分にとって本当に大切なことに時間も労力もお金も使いたくなる。
 逆に言えば、「本当は好きではないけど、もしかしたら将来役に立つかも」という準備みたいなことをやっているのは、まだまだずっと生きていると思っている証拠だといえる。
 若い時はそれでもいいかもしれないが、中年以降ともなれば、「将来の準備」ばかりやっていたのでは、いざとなったとき後悔しかねないと思う。
 
 そうこうしている間にも1日、1日と消えてなくなる。
 この世に生きている間に悔いが無いように生きていこう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

藤井四段

 今、将棋界が大変なことになっている。

 中学生の棋士、藤井四段がプロデビューから負けなしの25連勝をし、過去最高の28連勝に迫っているからだ。

 彼の才能や努力は計り知れないだろう。だが、その才能を開花させる土壌もあったに違いない。

 思い返せば、私も中学生のころはめっぽう将棋が強かった。
 学校に将棋クラブがあり、部員は11名だったが、常に私が1番だった。
 正直、負けた記憶はない。
 しかし、母も姉も、将棋を指す男の子は嫌いだった。
 
「そんなしょうもないことをしても何の役にも立たないよ」
「男の子ならスポーツをしなさい。将棋だなんて爺さんくさい」
 こういってよく非難されたものだ。
 結局、将棋は中学でやめたが、続けていたらどうなっていただろうか。
 もっとも、プロなんてのは高嶺の花だったろうが、でも、一つ言えることは家庭環境は大きいというものだ。いくら本人がやりたがっても、家族でガンガン非難されつづければ、やる気もなくなるというものだ。子供は家族の影響をもろに受ける。
 藤井四段は家庭環境にも恵まれていたのだろう。
 これからどこまで連勝を続けるか、楽しみである。
 こういう頑張っている人を見ると、自分も自分の道で頑張らなければという気持ちが湧いてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

金持ちになれば幸せになれるか?

 私は、金持ちになるための本を何冊か持っている。

 私自身、ある出版社から「金持ち本」を書いてもらえないかと持ち掛けられたことがある。
 その理由は、金持ち本は売れるから、というものだった。
 私自身、それほど金持ちというわけではないので、丁重にお断りした。
 私が、金持ち本を出すというのは、私の経済事情を知っている人からすれば笑止千万だ。
 さて、今、所有している金持ち本をパラパラとめくってみると、なるほどいいことも書かれてはある。
 しかし、残念に思うことは、金持ち本の多くは、金持ちになったところで幸せになれるとは限らない、という真実を教えてくれていないことだ。
 金がないことは惨めだ。それに異論はない。
 しかし、金がたんまりあったらそれだけで幸せになれるかといえば、けっしてそんなことなどない。仮に金持ちが幸せになれるとしたら、それは金があるからではない。そういうこと一切書かれていないのだ。
 あたかも金持ちになれば幸せになれるかごとく書かれてある。しかし、それは多くの場合、単なる幻想にすぎない。
 そんなものに騙されるなと言いたくなる。
 新約聖書にこうある。
「金持ちが天の国に入るのは難しい。重ねていうが、金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」
「あなたがたは地上に富を積んではならない」
「富は、天に積みなさい」
 金、金、金…と金を欲しがる人は多い。あまりにも多い。そういう人は金もち本を好んで読むだろう。だからからか、金もち本は概して良く売れる。
 しかし、金持ちになったところで幸せになれるというわけではない。
 老後が不安という人も多いだろう。そういう人は金が欲しくてしかたがないだろう。しかし、そういう人には次の聖書の言葉を贈りたいと思う。
「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」。 
 金よりも何倍も何百倍も何千倍も大切なものがある。それを知れば、金に魅力などそれほど感じなくなると思う。(もちろんこれは金に価値がないという意味ではない)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ