« あと何日生きるのか? | トップページ | 外国語学習における「臨界期」 »

2017年6月26日 (月)

賢いとうぬぼれてはならない

 豊田真由子議員の暴言・暴行がマスコミをにぎわしている。

 今はネットですぐに拡散するので、豊田議員も、隠し撮りをされていると知って、さぞかしショックを受けたことだろう。しかし、あまりにもひどい内容である。
 その豊田議員の学歴がすごい。
 東大法学部卒業後、ハーバード大学大学院修了。それで国会議員である。
 エリート街道まっしぐらという人のすべてではないが、中には自分のことを賢いとうぬぼれている人もいるだろう。豊田議員もその一人だったのではないか。
 私は、この世の知識など、いくらため込んでも、それで賢くなるとは思わない。
 聖書にも、こう書いてある。
 「あなたがたのだれかが、自分はこの世で知恵のある者だと考えているなら、本当に知恵のある者となるために愚かな者になりなさい。この世の知恵は、神の前では愚かなものだからです」
 思い返してみれば、私は大手出版社の社長を相手取って訴訟を起こしたことが何度かある。
 
 いずれも一流大学卒。しかも大手出版社の社長になっているエリートだ。
 が、いったん訴訟が始まると、嘘八百の準備書面を延々と出してきた。
 そんな嘘がいつまでも通用するわけがないのに、彼らは嘘に嘘を重ねて保身を図った。
 結局、最終的には私に頭を下げることになったが、とても賢いとは思えなかった。
「この世の知恵は神の前では愚かなもの」と聖書に書かれてあるとおり、いくらがり勉をして一流大学を出たところで、それだけではけっして賢いということにはならない。単に勉強がよくできたというだけの話だ。
 人間にとって本当に何が大切なのか、それが分かる人間にならなければ、いくら勉強ばかりしても、それはそれだけのことだと思う。
 今回の豊田議員のニュースを見て、ますますそう思うようになった。東大卒だろうがハーバード大学院修了だろうが、それだけでは賢いとは言いきれないのだ。
 

|

« あと何日生きるのか? | トップページ | 外国語学習における「臨界期」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/65458579

この記事へのトラックバック一覧です: 賢いとうぬぼれてはならない:

« あと何日生きるのか? | トップページ | 外国語学習における「臨界期」 »