« 中国語の名言、格言 | トップページ | 外国語学習者の「宝物」を発見 »

2017年7月28日 (金)

金をたくさん稼ぐ人間が立派なのか?

 今の日本には、金をたくさん稼ぐ人間が見上げられる風潮がある。

 しかし、聖書には、金は諸悪の根源と書かれてある。
 先日亡くなられた聖路加国際病院の日野原重明氏の著書にこう書かれてある。
「アメリカの商社の人が日本で仕事を始めるにあたって、聖路加国際病院に挨拶にみえました。うちの社員が病気になったらどうぞよろしくということなのですが、そのとき、まだどうなるかわからないが、もしも利潤が出れば、収入の1%は病院に寄付をしますというのです。日本には多くの商社がありますが、そういう話を受けたことは絶無です。日本の商社はただ儲けるためだけに働いていて、儲けた利潤の一部を社会のために還元するという精神がどこにもありません」
 金、金、金…と金儲けのことしか頭になく、社会に貢献しようという気持ちをもたなければ、いくらお金を稼いだところで、単なる「金の奴隷」にすぎない。生き方そのものが他律的なのだ。
 聖書には、「神の奴隷になれ」と書かれてある。私たちは、神に造られ、神に生かされているのであるから、何をすることが神をもっとも喜ばせることになるかを考えて生きるべきなのだ。
 そういう心構えで生きていれば、金のことを心配しなくても、金のほうから勝手にやってくる。
 金に執着するからこそ、欲におぼれ、その結果、金が逃げていくのである。
 いかに社会に貢献できるか、それを第一に考えて生きていれば、金は自然と寄ってくるのではないか。

|

« 中国語の名言、格言 | トップページ | 外国語学習者の「宝物」を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/65589780

この記事へのトラックバック一覧です: 金をたくさん稼ぐ人間が立派なのか?:

« 中国語の名言、格言 | トップページ | 外国語学習者の「宝物」を発見 »