« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月29日 (火)

金は諸悪の根源

 ロンドン大学神学部時代に「新約聖書入門」が必須科目であったため、新約聖書は繰り返し繰り返し読むことになった。しかし旧約聖書は読むことはなかった。

 卒業して以来、新約聖書は繰り返し読んでいるが、旧約聖書にはなかなか手が回らなかった。なにしろ分厚い。
 最近、少しずつ旧約聖書を読み進めているが、新約聖書同様、金が諸悪の根源であり、知識は金に勝るということに痛感させられる。
 私の今までの人生を振り返ってみても、まさに金は諸悪の根源と言っていいように思える。
 また、人生で何が一番惨めかといえば、金のないことだと思う。
 
 金がなければ、嫌がおうにも金を稼がなければならない。
 しかし金を稼ぐには、嫌な人であろうが付き合わなければならない。職場の皆が皆、気の合う人とは限らないからだ。
 それほど惨めなこともないだろう。
 では、そのような人生から脱却する最良の方法は何か。
 一番簡単なのは節制の美徳を身に着けることだろう。
 金を稼がなければならない一番の理由は、金を使って金がなくなるからだ。
 しかし、金を使わない生活をすれば、金はたまってくる。
 金がたまってくれば、金に金を稼がせればよい。
 その積み重ねで、やがて金から解放された生活が徐々にではあるが、手に入ることになる。
 そのためには、一にも二にも節約が大事だ。
 聖書のおかげで、近年の私は節約が身についてきつつある。
 本当に必要なことにしかお金を使わないようにすれば、意外と安く生活できるものだ。
 今までの人生で、いかに無駄なことにお金を使っていたか痛感するほどである。
 今後はさらに節約を心掛け、余ったお金はすべて投資に回そうと思う。
 旧約聖書を読みながら、そんなことを考えている今日このごろである。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

不倫に詐欺に…

 ここのところ有名人の不倫がマスコミをにぎわしている。

 橋本市議に至っては不倫疑惑の後に詐欺疑惑まで生じている。せっかく大阪大学を出て歯科医・市議として活躍していたのに、今の精神状態はまさに地獄であろう。
 特に今の詐欺疑惑は払拭することはほぼ不可能に見える。もはや議員辞職は避けられないだろう。
 なんで一流大卒のエリートがこんなことになるのか、と思えるほどである。
 彼らは、あまりにも世俗にまみれてしまっている。
 
 いくらエリートであれ、大金持ちであれ、気の休まるときはないのではないか。
 世俗を超えた価値観(つまり真・善・美)に目を向けて生きていれば、このような地獄を味わうことはなくなるだろう。
 真・善・美に目を向けていると、世俗の価値観(例えば金儲け)にそれほど興味がなくなる。それほど真・善・美の世界は素晴らしいからだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

いつの間にか聖書が第一の愛読書に

 44歳のとき、東大の大学院に入学するつもりだったが、不合格にされてしまった。

 自分では合格するつもりでいた。
 哲学専攻は競争率5倍くらいだったと記憶しているが、合格できると思っていた。
 入学試験は英語、ドイツ語、哲学の3科目しかないので、なんとかなると思っていた。
 不合格になったので、ロンドン大学遠隔教育の哲学部にお世話になることにした。東大の大学院にこだわる理由もなかったという事情もある。
 結果としてだが、私の場合、ロンドン大学遠隔教育で良かったと思う。
 東大の大学院に入学できていたとしても、修士号を取るのに2年間かかるし、しかも修士号が取れるという保証もない。その上、2年間の大学院の学費はそれなりにかかってしまう。
 その点、ロンドン大学遠隔教育は安かった。
 哲学部を3年かけて卒業したが、3年間で70万円くらいしかかかっていないと思う。
 
 哲学部を卒業した後、すぐさま神学部に入った。
 クリスチャンではないが、新約聖書の勉強をしていうるち、いつの間にか新約聖書が第一の愛読書となった。
 ロンドン大学を卒業して数年たつが、毎日のように新約聖書を読んでいる。
 新約聖書を朗読した音源もあるので、それを隅田川沿いを散歩しながら聞くのが日課となった。
 今まで、素晴らしい本にはたくさん出合ってきた。
 その中でも、新約聖書を超える本は正直、ないと思っている。
 最近では、旧約聖書にも興味が湧いてきた。
 キリスト教の聖典は旧約と新約の両方であるから、旧約も独学で勉強していこうと思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

外国語学習者の「宝物」を発見

宝物を発見しました! 

 

なななんと、英語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、中国語…とさまざまな言語で、書籍を朗読したものが無料で聴けるサイトが見つかりました。以下のリンク先です。

 

http://www.loyalbooks.com/

 

私は英語は大昔から勉強していますが、リスニングを鍛えるために買った音声教材は莫大な数になりました。いったいいくらお金を費やしたことか…。

 

その後、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語と勉強してきましたが、CDがついている書籍が中心。なので、どれもこれも値段が高い。

 

4~5冊買ったかと思うと、すぐに1万円を越えたりするのですよね。

 

他のお金のかかる趣味よりははるかに安上がりな趣味ですが、それでもCD付きのものばかり買っていると本代が馬鹿にならない。

 

しかし、中検、伊検、仏検、HSK…とどれもリスニングが重要な検定ばかり狙っているので、リスニングは無視できない。

 

とはいえ、CD付きの書籍そのものがなかなか数多く見つかっているわけではなく、今後どうやってCD付きの本を見つけていこうかと頭を悩ませていました。

 

そんな折、今日、上記のサイトを発見。

 

今までもこういうのを見たことがありましたが、CD付きの本を買えばすむはなしだと思ってスルーしてきていました。

 

が、よく考えれば、これを利用しない手はない。

 

上記のサイトの書籍の朗読の音源が無料なのは、著作権が切れているものを読んでいるからでしょうね。本も中古で買ったりすれば安く手に入ると思いますし、中古がなくても、CD付きで買うよりは安上がりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »