« 男は女に触れないほうがよい | トップページ | 口を制する »

2017年9月30日 (土)

聖書を書き写す

 私がロンドン大学神学部(遠隔教育)に入学したのは、40代も後半になってからのことである。

 

 ロンドン大学哲学部を3年で卒業し、こんなに安く、しかも日本から一歩も外に出ることなく正規の学位が取れるのであれば、神学部でも学んでやろうという目論見であった。

 

 私はクリスチャンではなかったが、神学部には必須科目として「新約聖書入門」があり、避けては通れなかったため、新約聖書を読み始めたのであった。

 

 結果として、私は「新約聖書入門」を3年連続で履修する羽目になった。

 

 その理由は、1年目は試験勉強が不十分だったために試験を放棄し、2年目は受験したものの不合格となり、3年目でやっと合格したからである。

 

 さすがに3年も履修していると新約聖書は手垢で真っ黒になるくらいまで読むこととなった。普通の人が私の新約聖書を見れば、敬虔なクリスチャンだと思うことだろう。それくらい手垢で真っ黒だ。

 

 今や、新約聖書が私の一番の愛読書になったのある。

 

 さて、私はこれを外国語のライティング力を上げるのに利用している。

 

 新約聖書のイタリア語版、スペイン語版、フランス語版、ドイツ語版、中国語版をもっており、感銘を受けた箇所を大学ノートに書き写している。

 

 「写経」という言葉があるが、私の場合は、お経を書き写すのではなく、新訳聖書を書き写しているので、「写聖」とでもいおうか。

 

 「写聖」をするのは、1週間に1回とか2週間に1回とかという、非常にゆるやかなペースではあるが、これをやると私の心が洗われるような、すがすがしい気持ちとなる。

 

 やがてイタリア語版、スペイン語版、フランス語版、ドイツ語版、中国語版も、私の手垢で真っ黒になるまで読み込んでやろうという気持ちになる。

 

 正直、私がロンドン大学神学部で学んだ最大の収穫は、新約聖書に出会えたことだと思っている。別にクリスチャンだとかクリスチャンでないとか関係なしに、非常に価値のある書物だと思うのである。

|

« 男は女に触れないほうがよい | トップページ | 口を制する »

コメント

最近、僕も岩波文庫の新約聖書福音書を読み始めました。
旧約聖書の創世記の本も買ったんですけど、途中で挫折しました。どうも旧約聖書は自分にはとっつきにくく感じました。

投稿: UKロック好き | 2017年9月30日 (土) 15時50分

こんにちは。コメントありがとうございます。

私の場合は、新約聖書もまずマンガから入りました。
ある程度理解が深まったところで実物に移りました。

実は旧約聖書はまだあまり読んでいません。
厚いし、とっつきにいところがありますね。
ですので、これもマンガで読むようにしています。
ただし、「箴言」の箇所は読みやすいので先に読みました。


投稿: | 2017年9月30日 (土) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520537/65855426

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書を書き写す:

« 男は女に触れないほうがよい | トップページ | 口を制する »