« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月16日 (土)

単語の興味深さ

中国語の学習を始めたころ、「パンダ」のことを中国語で「熊猫」というのを知り、感動、感動、感動! 

 

『パンダは「熊のような猫」か、なるほどなぁ。中国人の目にはそういう風に見えているのだろうなぁ』。

 

って感動しました。

 

学習を進めると、興味深い中国語単語は山のようにあるのに気づき、中国語単語を覚えるのが好きになりました。

 

しかし、ヨーロッパの言語は、中国語のように語源が透けてみえないことが多いので、覚えるのに苦労します。

 

そんなか、今日、興味深いイタリア語単語を発見! ひさびさに感動しました。

 

平泳ぎ」のことをイタリア語では「rana」っていうんですね。

 

最初見たときは、「えっ、『rana』って『カエル』って意味じゃなかったけ?」と思いましたが、よく考えてみれば、平泳ぎはカエルの泳ぎ方にそっくり! なるほど~、だから、『平泳ぎ』のことを『rana』 っていうんだな。これは面白い!

 

ちなみに英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語の「平泳ぎ」は「カエル」に相当する単語ではありません。例えば、英語ではbreaststrokeです。

 

で、中国語では「平泳ぎ」はなんていうのか調べてみると「蛙泳」でした。これまた面白い! 

 

こういう風に、ときに単語そのものが興味深いことがあります。こういう愉しさに出会えると、言語学習って興味が尽きないなぁと思います。この調子で行ったら、死ぬまで興味を失うことがないでしょう(笑)。私はなんと安上がりな趣味を見つけたことか! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

目指せ、語学7冠!

将棋の羽生氏と囲碁の井山氏への国民栄誉賞授与の最終調整に入りましたね。

 

羽生氏は将棋の永世7冠、井山氏は囲碁7冠の2度の達成、ということで、あまりにも凄すぎることは誰もが認めることでしょう。

 

私などは足元にも及びませんが、でも、せっかく生きているわけですから、自分の好きな分野で頑張ろうという気持ちを抱かせてもらいました。

 

では、何を目指すか。

 

私は語学7冠を目指そう!

 

英検1級、独検1級、仏検1級、伊検1級、西検1級、中検1級、HSK6級という、語学7冠を目指そう!

 

将棋界の羽生氏や、囲碁界の井山氏のような天才は、日本に1人しかいないし、今後、出現する可能性も極めて低い。

 

しかし、だからといって語学7冠も簡単なことではない。

 

いやいや、本当に難しい。

 

例えば、伊検1級だけを考えても、1年間に合格する人は日本全体で10人もいるかいないかというのが現状。

 

そんな果てしない夢を抱き始めた今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »